Photo Stories撮影ストーリー

スキーやそりなどのウィンタースポーツは、雪深い土地を移動する輸送手段として古代に生まれたものが多い。だが、スノーボードは現代になってから考案された競技だ。写真は、米カリフォルニア州マンモスマウンテンで、スノーボードのハーフパイプを練習するショーン・ホワイト選手。(PHOTOGRAPH BY SEAN M. HAFFEY, GETTY IMAGES)

スノーボードは「スナーフィン」だった、冬季オリンピック競技5つの起源 写真11点

2022.02.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 古代の人々は、スケートの代わりに動物の骨を足に結びつけて、凍った湖を移動した。スキーが広く知られるようになったのは、ノルウェーの探検家が初のグリーンランド横断に成功したことがきっかけだった。初期のスノーボードは「スノーサーフィン」を略して「スナーフィン」と呼ばれていた。

 このようにウィンタースポーツは、さまざまな発展を遂げて今日の姿となった。

 2022年2月4日に中国の北京で開幕した第24回オリンピック冬季競技大会では、選手たちが日々、熱戦を繰り広げている。1924年にフランスのシャモニーで第1回冬季大会が開催されて以来、フィギュアスケート、アイスホッケー、カーリング、クロスカントリースキーなどの競技が行われてきた。

 だが、オリンピック冬季競技の多くはさらに起源が古く、厳しい冬を生き抜く古代人の知恵から生まれたものもある。北米の先住民は、雪上で食料を運ぶために簡素なそりを用いていた。ノルウェーに残る石器時代の岩石彫刻には、スキーを履いた狩猟民が描かれている。一方、比較的最近に考案され、ここ数十年で大幅に進化した競技もある。

 ここでは、冬季競技で特に人気が高いスノーボード、スキー、そり競技、スケート、カーリングなどの起源について紹介しよう。(参考記事:「危険すぎ? 退屈? 冬季五輪の「幻の競技」3選」

アイベックス(ヤギ属の動物)を追うスキーヤーが刻まれた岩石。(PHOTOGRAPH BY JONAS BENDIKSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)
アイベックス(ヤギ属の動物)を追うスキーヤーが刻まれた岩石。(PHOTOGRAPH BY JONAS BENDIKSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)
中国のアルタイ地方で、スキーを履いて材木を運ぶ男性。この地方が紀元前8000年頃にスキーが誕生した場所だという説もある。(PHOTOGRAPH BY JONAS BENDIKSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)
中国のアルタイ地方で、スキーを履いて材木を運ぶ男性。この地方が紀元前8000年頃にスキーが誕生した場所だという説もある。(PHOTOGRAPH BY JONAS BENDIKSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)

スキーの起源は古代にさかのぼる

 人類は文明の初期からスキーを使っていた。ノルウェーのロドイにある5000年前の岩石彫刻には、スキーを履いてエルクを追う人々の姿が描かれている。また、ロシアのヴィスでは、紀元前6000年のスキー板が発見されている。しかし、スキー発祥の地については歴史家の間で見解が分かれている。紀元前8000年頃の中国のアルタイ山脈を起源とする説もある。(参考記事:「2013年12月号 スキーの起源を訪ねて」

 しかし、レイモンド・フラワー氏の著書「The History of Skiing and Other Winter Sports(スキーほかウィンタースポーツの歴史)」(1976年刊)によれば、現代のスキーは、スカンディナビア地方に起源をたどることができる。そこでは、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンの先住民であるサーミの人々を中心に、昔から移動手段などの実用目的でスキーが使用されてきた。北欧神話では、先端が曲がったスキーを履いた冬の神「ウル」をはじめ、山々をスキーで下る英雄や女神の伝説が語り伝えられている。(参考記事:「研究室に行ってみた。信州大学人文学部 バイキング・北欧神話・トールキン 伊藤盡 」

 1850年前後にはノルウェーで公式競技会が開催されるようになり、フラワー氏によれば、1879年には、スウェーデンで初の記録が残る競技会がストックホルム郊外で開かれた。1888年、ノルウェーの探検家、フリチョフ・ナンセンがスキーでグリーンランド横断に挑み、見事成功させた。この偉業を記録した著作の出版によって、スキーが広く知られることになったという見解もある。(参考記事:「2009年1月号 特集:北極探検 二つの物語」

 スキーはスイスのアルプスに広まり、休暇で訪れる英国人を中心に人気が高まった。その後、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、世界各地でスキークラブが誕生した。年月を経るにつれ、スラローム、ジャンプ、山岳スキーなど、スキーの競技も多様化した。

 第2次世界大戦後になると、スキーリゾートが日帰り客も長期滞在客も受け入れられるように進化し、スキーの人気は爆発的に高まった。

2022年1月、イタリアで開催されたアルペンスキーの大会のジャイアントスラローム種目に出場したスウェーデンの選手。スキー板を足に固定するストラップは、「近代スキーの父」と呼ばれるノルウェーのスキー選手、ソンドレ・ノルハイムが1868年に初めて採用した。(PHOTOGRAPH BY JURE MAKOVEC, AFP VIA GETTY)
2022年1月、イタリアで開催されたアルペンスキーの大会のジャイアントスラローム種目に出場したスウェーデンの選手。スキー板を足に固定するストラップは、「近代スキーの父」と呼ばれるノルウェーのスキー選手、ソンドレ・ノルハイムが1868年に初めて採用した。(PHOTOGRAPH BY JURE MAKOVEC, AFP VIA GETTY)
1924年2月にフランスのシャモニーで開催された第1回冬季オリンピックで滑走する男子4人乗りボブスレーの英国チーム。(PHOTOGRAPH BY TOPICAL PRESS AGENCY, HULTON ARCHIVE, GETTY IMAGES)
1924年2月にフランスのシャモニーで開催された第1回冬季オリンピックで滑走する男子4人乗りボブスレーの英国チーム。(PHOTOGRAPH BY TOPICAL PRESS AGENCY, HULTON ARCHIVE, GETTY IMAGES)

次ページ:そり競技はスイスで進化した

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

人類史マップ

サピエンス誕生・危機・拡散の全記録

人類がどのように生まれ、危機の時代を過ごし、世界各地へ拡散していったのかを、様々な考古学的データをもとに再現。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,520円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ