Photo Stories撮影ストーリー

サン・ニコラス広場を訪れる住民や観光客と、日没を迎えるアルハンブラ宮殿。(PHOTOGRAPH BY BEN ROBERTS)

スペイン南部の古都グラナダで出合う歴史、タパス、フラメンコ 写真9点

2022.05.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペイン南部のグラナダは、13世紀から15世紀のイスラム王朝、ナスル朝の都があった街だ。丘の上に建つ世界遺産アルハンブラ宮殿は、当時のスルタン(王)たちが要塞として造ったもの。この宮殿は中世の建築技術を駆使した最高傑作の一つであるだけでなく、文学の傑作でもある。詩や祝福、祈りの言葉が刻まれた建物は、まるで語りかけてくるようだ。

 宮殿の中核であるコマレス宮の池のまわりには「永遠の至福、絶え間ない恍惚……」という一節が残され、スルタンの玉座の上には「言葉を慎めば、心安らかに行けるだろう」とある。8000個以上の木材で装飾された天井ドームは、イスラムの宇宙観である7つの天を象徴している。

ユネスコ世界遺産であるアルハンブラ宮殿の壁は、複雑に入り組んだ模様で飾られている。この宮殿は、13世紀から14世紀にナスル朝のスルタンによって建てられた。(PHOTOGRAPH BY BEN ROBERTS)
ユネスコ世界遺産であるアルハンブラ宮殿の壁は、複雑に入り組んだ模様で飾られている。この宮殿は、13世紀から14世紀にナスル朝のスルタンによって建てられた。(PHOTOGRAPH BY BEN ROBERTS)
アルハンブラのパルタル宮のアーチが、静かな水面にその姿を映している。観光客に人気の場所の一つ。(PHOTOGRAPH BY BEN ROBERTS)
アルハンブラのパルタル宮のアーチが、静かな水面にその姿を映している。観光客に人気の場所の一つ。(PHOTOGRAPH BY BEN ROBERTS)

 グラナダの街の魅力は、アルハンブラ宮殿のように歴史豊かな雰囲気がある一方で、モダンな文化も息づいていること。音楽で言えば、伝統的なフラメンコの歌と踊りだけでなく、ヨーロッパのトラップミュージック(ヒップホップから派生した音楽)の中心地でもある。食で言えば、昔ながらのタパスが味わえるバルと、現代風の多国籍レストランが同じ通りに並んでいる。

グラナダの歴史を感じる

 グラナダが栄え始めたのは11世紀。当時はイスラム教徒であるムーア人たちの要塞だったが、1492年に陥落し、アラゴン王フェルナンド2世とその妻、イサベル1世がカトリックに基づいて統治した。それからの時代、イスラム教徒やユダヤ人は、アルハンブラの北にある丘陵、アルバイシンに追いやられることになった。(参考記事:「シェイクスピア作品にも登場、「ムーア人」とは?」

 この中世イスラム地区では、ジグザグになった狭い小路が斜面に貼りつき、迷路のように入り組んだ白い家々が今も残されている。路地や階段に覆い被さるように建っているカフェやバルは、世界の果てにやってきたかのような魅力を感じさせる。アルバイシンから眺めるアルハンブラ宮殿も格別だ。

アルバイシンの近くにあるサン・ニコラス広場。スペインの古都グラナダで日没を眺めるのに人気スポットだ。 (PHOTOGRAPH BY BEN ROBERTS)
アルバイシンの近くにあるサン・ニコラス広場。スペインの古都グラナダで日没を眺めるのに人気スポットだ。 (PHOTOGRAPH BY BEN ROBERTS)

 その後のカトリックの統治者たちは、アラブ式浴場ハンマームを罪と見なして破壊してきたが、11世紀のハンマーム跡地「エル・バニュエロ」はそれを免れた。現在は小さな博物館となっており、長い時の流れを感じることができる。

 グラナダ陥落に成功し、クリストファー・コロンブスを新世界に送り出したフェルナンド2世とイサベル1世は、ともにサンタ・マリア・デ・ラ・エンカルナシオン大聖堂の王室礼拝堂に埋葬されている。この大聖堂は、二人の統治下で建造されたカトリックの聖地の一つだ。

 この古都で出会える歴史上の人物はほかにもいる。その一人が、詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカだ。グラナダに生まれ、スペイン内戦で銃弾にたおれたたロルカは、今もこの街で慕われている。彼の家族の夏の別荘だった「ウエルタ・デ・サン・ビセンテ」を巡るガイド付きツアーでは、ロルカの人生や作品について学ぶことができる。この家の外には、もともと果樹園だった公園があり、彼の作品を読むにはまたとない場所だ。

次ページ:伝統のタパスから最先端の食文化まで

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

感動の体験旅行 もうすぐ世界が待っている!

歴史や文化を感じる旅から大自然を味わう旅まで、世界各地約100カ所の定番観光地を美しい写真で巡る。それぞれの場所での旅の楽しみ方を、「文化に触れる」「身体を動かす」「自分を見直す」そして「地域活動に参加する」の4つのテーマに分けて紹介。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ