Photo Stories撮影ストーリー

マーフシ島の廃棄物投棄場。モルディブの人々は、ここへ直接ゴミを運んで投棄・焼却している。モルディブにとって、ゴミ処理は大きな課題の一つだ。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)

海面上昇で水没の危機、島国モルディブの生き残り作戦 写真11点

2022.01.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「一番心が穏やかになるのは、海に出ているときです」。モルディブの人類学者ソイバ・サイード氏は、モーターボートに乗る直前、私にそう語った。

 ボートはガラスのように透明なインド洋をすべるように走り、小さな島フェリドゥーへ向かう。砂浜に縁どられた島々の間を進み、立ち並ぶリゾートヴィラの前を通過する。穏やかなうねりの中でイルカの群れが遊び、トビウオが水面から高く飛び上がった。

 インドの南西に位置する島国モルディブは、26の環礁とそこに浮かぶ1196の島々から成る。そのほとんどは、海面からやっと顔をのぞかせている程度の低く平坦な島々だが、人々はここで2500年前から海とともに生き、文化とアイデンティティーを築いてきた。

 モルディブと言えば美しいビーチリゾートで知られるが、この国は今、海面上昇により海に消える世界最初の国になるかもしれないという脅威に直面している。今回、サイード氏の案内で訪れたフェリドゥー島も、例外ではない。既に、島の暮らしや文化にその影響が表れ始めている。

モルディブで、空き家になった家を回ってビーチを目指すカップル。海面上昇により、家の土台は浸食されている。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)
モルディブで、空き家になった家を回ってビーチを目指すカップル。海面上昇により、家の土台は浸食されている。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)

人工島を造成、海上住宅も

 気候変動のペースが加速するなか、モルディブは、世界各国による二酸化炭素排出の削減に期待をかけつつ、できるだけ時間稼ぎをしようとしている。巨額の国家予算を投じて、55万5000人近い国民の大部分が住むことのできる人工島を造成し、その未来を託そうというのだ。その他にも、オランダの設計会社が5000戸の海上住宅の建設を計画している。

 ずいぶんと過激な対応のように思われるかもしれないが、そこまでしなければならないほど、モルディブは追い詰められている。イブラヒム・モハメド・ソリ大統領は2021年秋、英スコットランドで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議で、「1.5℃と2℃の差は、モルディブにとっては死刑宣告に等しいのです」と演説した。

海の底からすくい上げた砂を運んで作られた人工島の高層マンション。モルディブの人々は、海面上昇から逃れるため、ここへ移住してきている。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)
海の底からすくい上げた砂を運んで作られた人工島の高層マンション。モルディブの人々は、海面上昇から逃れるため、ここへ移住してきている。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)
マーフシ島出身で、元漁師のハーマドさん(30歳前後)。最近では乱獲のため島の付近で魚が取れず、遠くまで漁に行かなければならなくなっているという。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)
マーフシ島出身で、元漁師のハーマドさん(30歳前後)。最近では乱獲のため島の付近で魚が取れず、遠くまで漁に行かなければならなくなっているという。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)
モルディブの首都マレのにぎやかな大通り。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)
モルディブの首都マレのにぎやかな大通り。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)

 モルディブがこのように訴えるのは、今回が初めてではない。10年前にも、ソリ大統領の前任のモハメド・ナシード元大統領が海中でスキューバダイビングをしながら閣議を開き、その数年後には全国民をオーストラリアへ移住させることを提案した。

 フェリドゥーのような島の暮らしから高層ビルが立ち並ぶ人工島への移住は、生活の劇的な変化を意味する。気候変動の影響は世界に及ぶことを考えると、これは全ての人への警告と受け止めるべきだろう。自分たちのいる場所を失うよりも前に、自分たちが何者であるかを見失ってしまうかもしれないという警告だ。そして、モルディブの人々が変わりゆく地球をどうにかして生き残ったとしたら、この先何が救われ、何が失われるのかという疑問が浮かび上がるだろう。

有史以前の火山から生まれた環礁

 恐竜が絶滅する100万年前、インドプレートが北へ移動する際にできた地殻の裂け目からマグマが噴出して火山の尾根が生まれた。この尾根が、長い時間をかけて浸食され、サンゴ礁に覆われたモルディブの環礁が形成された。(参考記事:「恐竜の絶滅にインドの火山が加担、2つの研究成果」

マレ島、フルレ島、フルマレ島をつなぐシナマレ橋。中国政府の支援を受けて建設され、2018年に開通した。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)
マレ島、フルレ島、フルマレ島をつなぐシナマレ橋。中国政府の支援を受けて建設され、2018年に開通した。(PHOTOGRAPH BY MARCO ZORZANELLO)

 モルディブの島々は、インド洋のおよそ9万平方キロメートルの海域に散らばっているが、その陸地面積はわずか300平方キロメートルしかない。どれも小さな島ばかりだ。

 モルディブでは、陸と海は一体であり、その両方が人々のアイデンティティーを形成している。「私が陸と言うとき、そこには海も含まれています。海を陸から切り離すことはできません。すべて含んだものが『島』なのです。そこが、私たちが住んでいるところですから」と、サイード氏は言う。99%以上が海で占められている国に住む以上、海を愛さないわけにはいかない。

 モルディブでは元々、島自体がいつまでもあるとは限らないというはかなさを持っている。生きたサンゴの上に形成された砂州は、海流によって拡大したり縮小したり、盛り上がったり沈んだりする(モルディブで、すでに消滅してしまった島は数多い)。

次ページ:「島が永遠でないことを人々は理解しています」

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の天変地異 本当にあった気象現象

豪雨、豪雪、暴風、干ばつ、極寒、稲妻など、世界各地で見られる天変地異。迫力のある写真と、それぞれの状況を伝えるわかりやすいキャプションで、読む人に畏怖の念を抱かせる1冊。

定価:2,970円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ