Photo Stories撮影ストーリー

2021年1月6日、米国議会議事堂の外で警備にあたる警察官。2020年の大統領選で落選したドナルド・トランプ前大統領の支持者たちが、この日選挙結果に抗議するため、首都ワシントンDCに集まっていた。(PHOTOGRAPH BY ADAM FERGUSON)

ナショジオの写真家が切り撮った2021年、世界の光と影 写真25点

2021.12.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年は20年より「いくらかましだった」と感じている人は多いことだろう。新型コロナウイルスとの闘いで人類が前進したおかげで、世界中で都市封鎖が解除されたり、完全ではないものの通常の生活が戻ってきたりしている。大人たちは職場へ、子どもたちは学校へ戻った。家族や友人が再会を果たし、遠慮がちに抱き合いながらも、以前ほど感染を恐れることはなくなった。(参考記事:「新型コロナウイルス 関連記事まとめ【随時更新】」

 もちろん、パンデミックは終わっていない。コロナ以外のことに目をやっても2021年は波乱に満ちた年だったと言える。米国では、年が明けてわずか1週間でとんでもない事件が起きた。1月6日、前年の大統領選挙の結果を認定しようとしていた議会に数千人の暴徒が押し入ったのだ。警察官1人がこの時のけがが元で死亡し、約140人が重傷を負った。(参考記事:「米議会乱入事件、現場にいた記者は何を見た?」

インドネシア、ジャカルタにある学校は、マスクの着用義務と厳しい衛生基準を設けて、2021年9月から対面授業を再開した。パンデミック中、子どもたちの「学習達成度の低下」が問題となり、学校再開を決定した。ナディエム・マカリム元教育大臣は、「多くの子どもが学校を中退してしまいました。特に、女の子の中退者が多いです」と話す。(PHOTOGRAPH BY MUHAMMAD FADLI)
インドネシア、ジャカルタにある学校は、マスクの着用義務と厳しい衛生基準を設けて、2021年9月から対面授業を再開した。パンデミック中、子どもたちの「学習達成度の低下」が問題となり、学校再開を決定した。ナディエム・マカリム元教育大臣は、「多くの子どもが学校を中退してしまいました。特に、女の子の中退者が多いです」と話す。(PHOTOGRAPH BY MUHAMMAD FADLI)
議会議事堂へ乱入したトランプ支持者たち。建物の中は、武器として使われた催涙ガスや消火器の煙が立ち込めていた。(PHOTOGRAPH BY LOUIE PALU)
議会議事堂へ乱入したトランプ支持者たち。建物の中は、武器として使われた催涙ガスや消火器の煙が立ち込めていた。(PHOTOGRAPH BY LOUIE PALU)

 気候変動の影響で、世界各地で自然災害も多く発生した。ヨーロッパからシベリア、カナダ、米国西部では森林火災が猛威を振るった。ギリシャのエビア島では8月、歴史的な熱波による火災で多くの民家が焼失し、住民と観光客が避難を余儀なくされた。

 米国西部のタホ湖周辺でも、1000平方キロ以上が焼け野原となり、900棟以上の商業施設や住宅が失われた。一方、ドイツでは記録的な豪雨によって広範囲で洪水が発生し、ハイチではマグニチュード7.2の地震で2200人を超える死者が出た。(参考記事:「ハイチ地震の死者2200人に、パンデミックと大統領暗殺、暴風雨と大混乱 写真14点」

 政治的な混乱も起きた。アフガニスタンが再びタリバンに掌握され、同国の民主化への道はあっけなく閉ざされた。エチオピアでは、内戦と干ばつによる人道的危機が発生し、今もまだ混乱が続いている。(参考記事:「暗い雲が覆うアフガニスタン」

2021年8月8日、ギリシャで2番目に大きな島エビア島で、森林火災の火の手が自宅近くまで迫り、悲嘆にくれる住人。火災は島の大部分に燃え広がり、多くの住人がボートで島を離れなければならなくなった。(PHOTOGRAPH BY KONSTANTINOS TSAKALIDIS, BLOOMBERG VIA GETTY IMAGES)
2021年8月8日、ギリシャで2番目に大きな島エビア島で、森林火災の火の手が自宅近くまで迫り、悲嘆にくれる住人。火災は島の大部分に燃え広がり、多くの住人がボートで島を離れなければならなくなった。(PHOTOGRAPH BY KONSTANTINOS TSAKALIDIS, BLOOMBERG VIA GETTY IMAGES)
ギャラリー:ナショジオの写真家が切り撮った2021年、世界の光と影 写真25点(画像クリックでギャラリーへ)
ギャラリー:ナショジオの写真家が切り撮った2021年、世界の光と影 写真25点(画像クリックでギャラリーへ)
ハフィザさん(70歳)は、住んでいた村が2019年にタリバンに制圧されたため、ファイザバード近郊にあるこの小さな家へ避難した。4人の息子のうち1人がタリバンに加わった時、上官に息子を返してほしいと訴えたが、「あなたの2人の息子は政府軍に所属し、もう1人は反タリバン勢力に入っている。最後の1人は我々のものだ」と言われたという。(PHOTOGRAPH BY KIANA HAYERI)

次ページ:暗いニュースばかりではない

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の天変地異 本当にあった気象現象

豪雨、豪雪、暴風、干ばつ、極寒、稲妻など、世界各地で見られる天変地異。迫力のある写真と、それぞれの状況を伝えるわかりやすいキャプションで、読む人に畏怖の念を抱かせる1冊。

定価:2,970円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ