Photo Stories撮影ストーリー

2021年8月、ベルリンの屋外のテクノパーティーで、立ち込める煙の中、ライトの光を浴びてダンスに興じる人々。(PHOTOGRAPHS BY RUBÉN SALGADO ESCUDERO)

ベルリンに欠かせないクラブ文化、コロナ禍を乗り越えられる? 写真17点

2021.12.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ひんやりとした秋の夜、時計の針が深夜を回る時刻だ。ドイツ、ベルリンのフリードリヒスハイン地区の歩道に着飾った人々が列をなしていた。人気のクラブ「ヴィルデン・レナーテ」で踊り明かそうというのだ。

 パンデミック前のベルリンでは見慣れた光景だったが、2020年3月13日を境に一変していた。新型コロナの感染対策として、ベルリンのクラブで屋内のダンスが禁止されたからだ。

 しかし今宵、2021年9月4日の夜は違った。クラブの閉鎖から540日、あの行列が戻ってきたのだ。それは幻のようであり、激しい嵐の後に虹が出た瞬間のようでもあった。

2021年8月、ベルリンのクラブの前で、移動式検査サービス「コロナ・バイク」を利用して、無料のコロナ抗原検査を受けるパーティー参加者。この民間事業では、この夏の間、一日で平均1000人のクラブ入店者に対して検査を実施した。(PHOTOGRAPHS BY RUBÉN SALGADO ESCUDERO)
2021年8月、ベルリンのクラブの前で、移動式検査サービス「コロナ・バイク」を利用して、無料のコロナ抗原検査を受けるパーティー参加者。この民間事業では、この夏の間、一日で平均1000人のクラブ入店者に対して検査を実施した。(PHOTOGRAPHS BY RUBÉN SALGADO ESCUDERO)

 ベルリン市当局による禁止令の解除は、先が見えない長い日々を模索していたベルリンのナイトクラブに救いの光となった。ほぼ18カ月ぶりに、屋内のダンスフロアでマスクを着用せずにダンスを楽しむことが許されたのだ。

 ところが12月2日、ドイツ政府は、感染拡大やオミクロン株に対する懸念を受け、新型コロナ対策のための行動制限を強化。ベルリンのクラブではダンスが再び禁止され、感染率の高い地域のクラブは閉鎖に直面する可能性も出てきた。記事ではこの間に取材したベルリンのクラブカルチャーと、新型コロナへの取り組みを紹介する。

差別や敵意のないユートピア

 ベルリンは、クラブカルチャーでは世界屈指の街として知られている。ベルリンのクラブオーナーやプロモーターを支援する会員制組織「ベルリン・クラブコミッション」が2018年に行った調査では、クラブ業界は1万人の従業員を雇用し、年間300万人にのぼるクラブ目当ての旅行者が17億ドルの収益をもたらしたと推算された。

2021年9月、屋外ダンスイベント会場に向かうフェリーに乗船した人々。イベントへのフェリーに乗船するには、コロナ検査の陰性証明か、ワクチン接種完了証明または最近コロナに感染して回復したという証明が必要だ。(PHOTOGRAPHS BY RUBÉN SALGADO ESCUDERO)
2021年9月、屋外ダンスイベント会場に向かうフェリーに乗船した人々。イベントへのフェリーに乗船するには、コロナ検査の陰性証明か、ワクチン接種完了証明または最近コロナに感染して回復したという証明が必要だ。(PHOTOGRAPHS BY RUBÉN SALGADO ESCUDERO)

 登録された226のナイトクラブは、数十年に及ぶ法廷闘争を経て、ベルリンの文化部門の重要な柱としてドイツ政府に認知された。パンデミック前には、年間5万8000件のイベントを開催し、人々の週末に欠かせない存在になっていた。

 クラブに通う人々の多くは、ドイツや世界の他の地域で阻害されがちな非主流派のコミュニティーを尊重する観点から、クラブを教会のような存在と感じている。

「ベルリンのクラブカルチャーはとても大切です」と話すのは、展示会やイベントの拠点であるアルテ・ミュンゼの設立者で文化部門ディレクターのアレクサンダー・クルーガーさんだ。「私にとってクラブとは、人種差別や同性愛者への敵意がないユートピア(理想郷)です。特に同性愛者のコミュニティーには安全な居場所です」

 ベルリン育ちのスタイリスト兼アートディレクターであるソフィー・アイレンベルガーさんにとって、クラブはストレスや社会のプレッシャーから解放される空間だ。

ギャラリー:パンデミックを乗り越える? ベルリンの過激なクラブカルチャー 写真17点(画像クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:パンデミックを乗り越える? ベルリンの過激なクラブカルチャー 写真17点(画像クリックでギャラリーページへ)
ベルリンで開催された屋外のテクノイベントで抱き合うカップル。(PHOTOGRAPHS BY RUBÉN SALGADO ESCUDERO)

次ページ:コロナで窮地にたたされたクラブカルチャー

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500 第2版

世界でシリーズ累計530万部のベストセラーの最新版が登場! 秘境から名所まで、いま行くべき場所、体験すべきことがこの1冊に。〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,080円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ