Photo Stories 撮影ストーリー

大西洋に浮かぶスペイン領カナリア諸島。2021年9月19日午後。クンブレ・ビエハ火山がごう音とともに噴火。溶岩が斜面を流れ、火山灰が空に向けて噴き出した。ラ・パルマ島は火山島で、地下深くから絶え間なく溶岩が供給されている。(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)

地元写真家は見た ラ・パルマ島、噴火のリアル 写真17点

2021.11.29

 写真家のアルトゥーロ・ロドリゲス氏がスペイン領カナリア諸島最大の島であるテネリフェ島の自宅でシャワーを浴びていたとき、隣室のテレビから動揺した声が聞こえてきた。「噴火しました! 噴火しました! 信じられません!」とリポーターはカメラに向かって叫んだ。

尾根の深い割れ目に沿って、複数の地点から溶岩が流れ出し、周辺の都市に到達した。噴火した当日、ロドリゲス氏はラ・パルマ島に入った。(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)
尾根の深い割れ目に沿って、複数の地点から溶岩が流れ出し、周辺の都市に到達した。噴火した当日、ロドリゲス氏はラ・パルマ島に入った。(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)
噴火当日の夜の写真。(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)
噴火当日の夜の写真。(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)
(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)
(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)

 2021年9月に噴火が起きるまでの数週間、北西のラ・パルマ島では、マグマの動きを示唆する群発地震が観測されていた。ラ・パルマ島で生まれ育ったロドリゲス氏は、50年にわたって休止していた火山を監視する科学者たちを撮影するため、旅の準備をしているところだった。

 ロドリゲス氏はすぐにシャワーを止め、フライトを変更し、数時間後、ラ・パルマ島に入った。そして、その夜、クンブレ・ビエハと呼ばれる火山の尾根から噴き出す溶岩を撮影した。周囲の町は不気味な光に照らされ、崖にぶつかる波を連想させるごう音が鳴り響いていた。ガラスの破片のような火山灰が空から降り注ぎ、腐った卵のにおいが充満していた。

「このように大規模な噴火を間近で体験することになるとは夢にも思いませんでした」とロドリゲス氏は語る。「とても大きく、とてもパワフルです」

最初の噴火から9日後の2021年9月28日、溶岩が海に流れ込んだ。高温の岩石と冷たい海水が反応し、塩酸や火山ガラスの破片が混じった有害な蒸気レイズが発生した。(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)
最初の噴火から9日後の2021年9月28日、溶岩が海に流れ込んだ。高温の岩石と冷たい海水が反応し、塩酸や火山ガラスの破片が混じった有害な蒸気レイズが発生した。(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)
ギャラリー:地元写真家は見た ラ・パルマ島、噴火のリアル 写真17点(画像クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:地元写真家は見た ラ・パルマ島、噴火のリアル 写真17点(画像クリックでギャラリーページへ)
今回の噴火と、今後の噴火の可能性を考えるため、科学者たちが岩石サンプルの採取、ガスの監視、地震の記録などを行っている。写真はスペイン軍の緊急対応グループに所属するアルマンド・サラザール軍曹。防護服を着用し、まだ冷えていない溶岩の上を歩いている。(PHOTOGRAPH BY ARTURO RODRÍGUEZ)

次ページ:今も続く噴火

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

世界の天変地異 本当にあった気象現象

豪雨、豪雪、暴風、干ばつ、極寒、稲妻など、世界各地で見られる天変地異。迫力のある写真と、それぞれの状況を伝えるわかりやすいキャプションで、読む人に畏怖の念を抱かせる1冊。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,970円(税込)

Photo Stories 一覧へ