Photo Stories撮影ストーリー

井戸から水をくむアチャン・アケチさん(30歳)とアジョー・マジュルちゃん(12歳)。パニャゴルの町の大部分が冠水し、使用できる井戸は2カ所しかない。だが、これらの井戸の水も汚染されていないという保証はない。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)

南スーダン、記録的洪水がもたらした飢餓や感染症と闘う 写真17点

2021.11.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アフリカ、南スーダンのジョングレイ州は、2021年も大規模な洪水に見舞われ、広い範囲にわたって浸水した。住民は土のうで囲まれた高台の狭い土地に押し合うようにして避難しているが、水位は3年連続で、その土のうの壁すら乗り越えてしまいそうなほど上昇している。あと少しでも雨が降ったり、ナイル川を下って余分な水が流れ込んできたら、持ちこたえられそうにない。(参考記事:「難民キャンプに我が家を建てる、南スーダンの女性たち 写真14点」

 ほとんどの住民は家を失い、学校や倉庫に避難したり、ビニールシートとトタン屋根、木の枝で作ったテントで身を寄せ合っている。2021年10月には、滑走路も道路網も冠水し、国連世界食糧計画やその他の国際人道支援団体からの医薬品や食料、テント、日用品が届けられなくなった。

ジョングレイ州パリアウ村で、土のうを越えて侵入してきた水をくみ出す人々。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)
ジョングレイ州パリアウ村で、土のうを越えて侵入してきた水をくみ出す人々。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)
ジョングレイ州トゥウィックイースト郡ワングレイ村で、軒下まで水に浸かった民家。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)
ジョングレイ州トゥウィックイースト郡ワングレイ村で、軒下まで水に浸かった民家。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)

 州都ボルの周辺では、洪水は珍しいことではない。「ボル」とは現地の言語で「洪水」を意味するほどだ。しかし、今回のように何年も連続で洪水が発生するのは60年ぶりという。気候変動や隣国エチオピアでの森林伐採、人口の増加、そしてアフリカ大陸全体で十分な水管理がなされていないことなど、複数の要因が重なり合った結果だと考えられる。

 2019年の洪水では、乾期が始まる11月に大量の雨が降った。「ジョングレイは特にひどかったです。まるで空全体が落ちてきたかのような大雨でした」と、ユニセフの現地代表を務めるマッズ・オイエス氏は語る。しかも、乾期なら普通は引くはずの水が、この年はそのまま残った。

 国連によると、2021年は南スーダンにある78の郡のうち27の郡が洪水に見舞われ、63万人に影響が出たという。ジョングレイ州のトゥウィックイースト郡では、ほとんどの場所がカヌーかモーターボートでなければ到達できなくなった。しかも、小さなエンジンでないと、住宅や木々、交通標識や堤防の間を縫って進むことができない。

冠水したパティオウ村の道路の上を、カヌーで移動する男性。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)
冠水したパティオウ村の道路の上を、カヌーで移動する男性。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)
8人の子を持つエステラ・ジュワンさん(35歳)は、2020年に洪水で家を失い、現在は間に合わせの資材で作った家で暮らしている。「町の向こうへ引っ越したくても、お金がありません」と話す。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)
8人の子を持つエステラ・ジュワンさん(35歳)は、2020年に洪水で家を失い、現在は間に合わせの資材で作った家で暮らしている。「町の向こうへ引っ越したくても、お金がありません」と話す。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)

 洪水は、経済、健康、教育などあらゆるものを中断させている。なかでも特に深刻な影響を受けているのが、最も弱い立場にある女性と子どもたちだ。高台の避難所では、マラリアや栄養失調、下痢、水を介して伝染する感染症、上気道感染症がまん延している。多くの男性たちは仕事を探しに出たまま戻らず、残された母親たちは複数の子どもを抱え、全責任を一身に背負っている。

 およそ3分の2の住民は、洪水地帯を逃れて乾いた土地に移住したが、残された人々は汚染された水に膝までつかりながら生活している。牛などの家畜や農作物も失われ、食べ物は魚くらいしか手に入らない。

ギャラリー:南スーダン、記録的洪水がもたらした飢餓や感染症と闘う 写真17点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:南スーダン、記録的洪水がもたらした飢餓や感染症と闘う 写真17点(写真クリックでギャラリーページへ)
ディアムディアム村で漁をする家族。捕った魚は、自分たちで食べたり、干物にして市場で売る。このあたりで、今手に入る食べ物は魚しかない。(PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO)

次ページ:気候変動による深刻な事態は、すでに起きている

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の天変地異 本当にあった気象現象

豪雨、豪雪、暴風、干ばつ、極寒、稲妻など、世界各地で見られる天変地異。迫力のある写真と、それぞれの状況を伝えるわかりやすいキャプションで、読む人に畏怖の念を抱かせる1冊。

定価:2,970円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ