Photo Stories撮影ストーリー

ヴィラ・ファルコニエリの敷地内にあるオークの古木。巨大な枝が、支柱で支えられている。このヴィラは16世紀に建てられ、17世紀に改修された。この2つの時期の間のどこかで、このオークの若木が植えられたという。(Photograph by Elisabetta Zavoli)

古くて美しい「記念碑のような樹木」 イタリアが2万2000本を保護 写真11点

2021.09.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国や自治体は、1939年にできた当初の法律を、樹木を保護する幅広いアプローチを盛り込んだものへ、長い歳月をかけて拡大してきた。2013年には、イタリア政府が記念碑的樹木を定義する明確な基準を定めた。非常に長い樹齢、並外れた大きさ、種の希少性、歴史的および文化的意義、生態学的価値などだ。

 個人の別荘、教会、邸宅、国立公園、森林のある牧草地など、記念碑的樹木はイタリアのあちこちに存在する。2013年以降、最も「注目すべき」記念碑的樹木3500本が次々に国に登録されている。これらの樹木を不法に損傷または解体した場合、最高10万ユーロ(約1300万円)の罰金を科せられることがある。

クリンガのサンテリア・ヴェッキオ修道院跡。プラタナスは修道士が中東から持ちこんだもので、樹齢1000年とされる巨木に育った。(Photograph by Elisabetta Zavoli)

 記念碑的樹木の多くは、その樹齢や巨大さ、インパクトの強さで注目を集める。ウンブリア州のヴィラストラーダという小さな村の近くにある1本のオリーブの古木は、ローマ共和国時代にさかのぼる樹齢2500年とされている。

「記念碑といっても、レンガや大理石ではなく生きている木だという点に、価値があるのです」。こう話すのは、この地方でオリーブ油の生産に携わるマウリツィオ・デ・ポンティ氏。「この木のそばに座って瞑想する、散歩をする、木を眺める、それだけですが、この木と日々付き合っています。この木がここにあるというだけで、癒やされています」

クリンガのプラタナスの幹に開いた空洞から出てきた少年。幹の外周は18メートル。(Photograph by Elisabetta Zavoli)

 このオリーブの木も、時の流れとともに衰えてきた。様々な気象にさらされ、その幹の中心部は空洞になってしまった。だが、外側の複数の幹は今も生きている。

病気や害虫を撃退する樹木

 堂々と巨大な記念碑的樹木は、死を寄せつけないように見えるかもしれないが、実は変化には非常に敏感だと、ザッポーニ氏は明かす。

 生息環境のわずかな変化でも、樹木に深刻な打撃や死をもたらすことがあり、森林破壊や気候変動などは、その生存に重大な脅威をもたらす要因となる。

 それでも、こうした樹木には驚異的な回復力がある。病害や害虫を食い止め、多くの枝や幹を失っても、数世紀にわたって生き続ける力を持っている。「記念碑的樹木は、回復力を最大限に発揮しているのです」と、ザッポーニ氏は言う。

オリーブの枝が太陽に向かって伸びる様子を説明するマウリツィオ・デ・ポンティ氏。この樹齢2500年の古木と日々ふれあうポンティ氏は、木々が環境に適応し続ける力を目の当たりにしている。(Photograph by Elisabetta Zavoli)
オリーブの幹が、その長い樹齢を感じさせる。(Photograph by Elisabetta Zavoli)

 この冬、アブルッツォ州では、とりわけ寒さが厳しく、積雪も例年になく多かった。ポントーネ・ブナは生き延びたが、幹のひとつは雪の重みに耐えられず崩れ落ちてしまった。それでも、その落ちた枝を撤去したり、たきぎにしたりはしないと、ヴィシー氏は話す。そのまま残しておけば、生態系に豊かな恵みを与えてくれるからだ。

「ブナは、年老いて朽ちれば朽ちるほど、多くの食料を与えてくれます。それが連鎖の仕組みであり、生態系なのです」

 小さなミズハタネズミが、折れた幹を忙しく上り下りする。キツツキが飛んできて朽ちた木をつつき、幼虫や昆虫を探す。円盤状のキノコが枝の脇から生え、樹皮を腐食させる。甲虫やアリは、樹皮の裏側をかじる。落ちた枝は見た目には美しくないが、それ以上に高い価値があると、レンジャーのコクッチ氏は言う。

「こうした樹木には、寿命が尽きる最後まで自然に恵みを与え続ける力があるのです」

このフランシスコ会修道院には、樹齢800年ほどの聖フランチェスコの糸杉を見ようと多くの人が訪れる。(Photograph by Elisabetta Zavoli)

文=JONATHAN MOENS/写真=ELISABETTA ZAVOLI/訳=稲永浩子

おすすめ関連書籍

心に響く 樹々の物語

ナショナル ジオグラフィックの写真家が、2年をかけて五大陸をまわり、物語のある美しい樹木を集めました。

定価:3,025円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ