Photo Stories撮影ストーリー

2021年8月14日に起きたマグニチュード7.2の地震で古い植民地時代の建物が倒壊したハイチ南部ジェレミーの街。しかし、農村部での被害はさらに深刻だ。(Photograph by Andrea Bruce)

ハイチ地震の死者2200人に、パンデミックと大統領暗殺、暴風雨と大混乱 写真14点

2021.08.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリブ海の島国ハイチは、まるで災害を引きつける磁石のようだ。

 2010年の地震は首都ポルトープランスを壊滅させ、30万人の命を奪った。復興が進まない中、政治的な混乱や腐敗も絶えず、人々は苦しい生活を強いられてきた。

 そこへ、自然災害が立て続けに発生した。

 8月14日にこの国を襲った地震はマグニチュード7.2を記録。地震の後には熱帯性暴風雨「グレース」が襲来し、過酷な状況に拍車をかけた。直撃こそしなかったものの、絶え間なく降り続く雨は洪水を引き起こし、救助活動を待つ被災者に一層の負担を強いた。

 22日のハイチ当局の発表によると、死者は2200人を超え、行方不明者も344人を数える。負傷者は1万2200人以上、損傷または破壊した家屋は12万9900戸を上回る。当局はまた、最も被害の大きかった地域の約68万4000人が緊急の人道支援を必要としていると報告している。

急ごしらえのシェルターで眠るハイチ南部コライユの住民。「今は町の多くの人々がホームレスです」とアレックス・マクシア町長は言う。家屋はひびが入ったり崩れたりしているため、中に入ることができない。(Photograph by Andrea Bruce)
ハイチの街ジェレミーから米国沿岸警備隊によって空輸され、首都ポルトープランスの病院へ運ばれる子供。(Photograph by Andrea Bruce)

 この国では普段から医療や支援が不足しているうえ、少なくとも44の医療機関が余震の影響を受けている。医療従事者たちは、中庭や寄宿舎だった建物を転用して、患者の治療にあたっている。

 ハイチ南部の半島に位置するジェレミーやレカイといった街では、かつて建物があった場所に瓦礫の山が積み上がっている。かろうじて立っている大聖堂は屋根が剥がれ落ちて空が見えている。農村地帯でも、壁が吹き飛ばされた家屋や、通行ができない道路もある。

景観の美しさで知られるハイチ南部の半島の北海岸に日が昇る。ここは美しいと同時に危険な場所でもある。(Photograph by Andrea Bruce)
南部の半島の西側は山が多く、バナナやパイナップルが栽培される農村地帯だ。移動手段はオートバイだが、道路はときに流されたり、落石によって塞がれたりすることがある。(Photograph by Andrea Bruce)

大統領の暗殺、ギャングの台頭

 相次ぐ自然災害に、この国の多くの人々は敗北感と虚脱感に苛まれている。

「地震や暴風雨のニュースを聞くたびに、自分の中で何かが爆発してしまいそうになるのです」と、5人の子供を持つマリー・ロズリーヌ・マセナさん(56歳)は言う。「目には涙があふれ、もうこれ以上耐えられないと感じます」

 悲惨な状況に拍車をかけているのが、大統領暗殺によってさらに悪化した政治的混乱だ。ハイチのジョブネル・モイーズ大統領は7月7日、ポルトープランスの丘の上にある私邸で、銃の乱射を受けて殺害された。

次ページ:混乱の原因

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の天変地異 本当にあった気象現象

豪雨、豪雪、暴風、干ばつ、極寒、稲妻など、世界各地で見られる天変地異。迫力のある写真と、それぞれの状況を伝えるわかりやすいキャプションで、読む人に畏怖の念を抱かせる1冊。

定価:2,970円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ