ブドウを海に沈める、イタリアで古代のワインづくりを復興

エルバ島にあるアントニオ・アリギ氏のワイナリーで、従業員がブドウを籠に入れ、海に沈めようとしている。ユリウス・カエサルが好んだと言われる、古代ギリシャのマリンワインをつくるための重要な工程だ。(PHOTOGRAPH BY ARRIGHI WINERY)

【元の記事へ戻る】