Photo Stories撮影ストーリー

「ポルタバ・パンサーズ」は、十数チームあるウクライナのアメリカンフットボール・リーグ(ULAF)のチームの1つだ。(Photograph by Alina Smutko)

ウクライナで高まるアメフト人気、ロックダウン乗り越えリーグ開幕 写真10点

2021.08.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカンフットボールの2021年シーズン開幕戦が始まった。対戦するのは「リビウ・ライオンズ」と「ビンニツァ・ウルブズ」。

 ただし、ここは米国ではない。場所はウクライナ、ライオンズの地元リビウにある工業ビル群の裏手のグラウンドである。

 アメリカンフットボール(以下、アメフト)というと、米国の国技のようなもので、他の国では盛んでないというイメージがある。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるロックダウンから1年を経た現在、ウクライナのアマチュア男女アスリートたちが、熱狂的なプレーでウクライナにおけるアメフトの認知度を高めている。

2021年の開幕試合でハドル(情報交換)をする「ビンニツァ・ウルブズ」の選手たち。(Photograph by Alina Smutko)
2021年の開幕試合でハドル(情報交換)をする「ビンニツァ・ウルブズ」の選手たち。(Photograph by Alina Smutko)

 ウクライナにアメフトが入ってきたのは、1990年代初頭、ソビエト連邦が崩壊し、ウクライナが独立して間もない時期だったという。新たなチャンスを求めてウクライナにやってきた米国人によって導入されたとアルフィー・ウィリアムズ氏は言う。氏は首都キエフの3チームの1つ、「キエフ・ペイトリオッツ」のヘッドコーチだ。

 2020年にCOVID-19によって国内のほとんどの団体活動が停止となる前は、2016年に結成されたリーグ(ウクライナ・リーグ・オブ・アメリカン・フットボール:ULAF)の2つの部門で、十数チームが対戦していた(アメフトのリーグはほかにもヨーロッパ内外に存在し、特にドイツには7つもリーグがある)。

工業ビルを背景に練習するポルタバ・パンサーズの選手たち。世界銀行のデータによるとウクライナの平均年収は3400ドル(約37万円)。防具一式500ドル(約5万円)は大きな負担だ。(Photograph by Alina Smutko)
工業ビルを背景に練習するポルタバ・パンサーズの選手たち。世界銀行のデータによるとウクライナの平均年収は3400ドル(約37万円)。防具一式500ドル(約5万円)は大きな負担だ。(Photograph by Alina Smutko)

 米国ワシントンD.C.出身でアメフト愛の強いウィリアムズ氏は、2015年に技術専門家としてキエフに移住して以来、アメフトのコーチをしている。キエフにやってきて間もなく、ジムの友人を通じて地元のアメフト選手やチームを知ったという。

 フィールドに行ってみたところ、「多くのことが間違って行われているのを目の当たりにしました」とウィリアムズ氏は振り返る。大変だったのは、特定のポジションに適した体型の選手を探すことだった。たとえば、米国であれば、オフェンスのラインマンとなるのは、体重300ポンド(約140キロ)を超えるような大柄の選手だ。

ギャラリー:ウクライナで高まるアメリカンフットボールの人気 写真10点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:ウクライナで高まるアメリカンフットボールの人気 写真10点(写真クリックでギャラリーページへ)
アウェーでの試合前に駅で自撮りをするパンサーズの選手とスタッフ。長旅の費用を抑えるため、近くの地域のチームと試合をすることが多い。(Photograph by Alina Smutko)

 しかし、地元のチームには「筋肉質の男」が多かったとウィリアムズ氏は言う。20世紀ウクライナの理想のアスリート像が反映されたものだ。

「ソ連的なものは、どうしても拭い去れないところがありますね」と同氏は付け加える。

 ソ連時代の末期にアメフトがささやかに始まって以来、ウクライナ国内におけるアメフトの存在感は大きく増した。ULAFのトップである「スーパーリーグ」には、北部と南部にそれぞれ4チームずつ、計8チームが所属し、下部組織にも8チームが所属している。

 ULAFには男女合わせて約400人の選手がいるとウィリアムズ氏は推定する。また、キエフ・ペイトリオッツの選手、オレクシイ・ゾーリン氏によれば、現在はユースチームも増えており、4つのチームが活動しているという。

ウクライナに移住しアメフトを教える米国人コーチのデール・ヘフロン氏。(Photograph by Alina Smutko)
ウクライナに移住しアメフトを教える米国人コーチのデール・ヘフロン氏。(Photograph by Alina Smutko)

次ページ:「ラグビーのこと?」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

グレート・リセット

ダボス会議で語られるアフターコロナの世界

世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長とオンラインメディア『マンスリー・バロメーター』の代表ティエリ・マルレが、コロナ後の世界を読み解く。

定価:2,200円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ