Photo Stories 撮影ストーリー

南米を目指して数千キロの旅を始める前に、フロリダ州のオキーチョビー湖近くの野生生物回廊内の牧場で休むツバメトビの群れ。大陸を縦断して渡りを行う鳥たちにとって、このような緑地は、大切な休息地点となる。 (Photograph by Carlton Ward Jr.)

動物たちの「回廊」を整備へ、米フロリダ州が法制化

2021.07.09

 米フロリダ州は、動物たちの「回廊」を保護・整備するために、4億ドル(約450億円)を拠出することを決定した。フロリダの自然保護の歴史における大きな進展だ。

「フロリダ野生生物回廊法」と名付けられたこの法案は、4月下旬、フロリダ州上下両院において全会一致で可決され、6月29日、ロン・デサンティス州知事が署名した。

 この法律によって、森林や湿地帯から田畑や放牧地まで、同州の大部分に広がる緑地を結ぶ「フロリダ野生生物回廊」の存在が、正式に承認された。

ヤシの木の倒木の上で羽を乾かすミミヒメウ。タンパの北、ダネロン近くのレインボーリバーで撮影。フロリダ野生生物回廊は、レインボースプリングス州立公園を含む4万平方キロ近い公有地を保全している。 (Photograph by Carlton Ward Jr.)
クリスタルリバー国立野生生物保護区の泉を泳ぐマナティー。冬には、こうした温かい水が湧く泉がマナティーの避難所となる。回廊を保全すれば、泉と河口をつなぐ水路とその水質が保護され、危機に瀕しているマナティーを守ることができる。 (Photograph by Carlton Ward Jr.)

 道路建設や開発がもたらす生息地の分断は、生物多様性における最も深刻な脅威のひとつとなっている。分断された生息地をつないでくれる野生生物回廊は、フロリダの多くの動物たち、とりわけフロリダパンサーやアメリカクロクマ、カワウソ、ワニ、さらには鳥たちにとって欠かせない。

 法律に伴って、私有地の保全地役権や土地の購入など、回廊内の土地の保全に3億ドルが割り当てられる。この予算は、同様の役割を担う土地保全プログラム「フロリダ・フォーエバー」の予算1億ドルに上乗せされる。

 今回の法律は、農地を開発から守ること、自然地域での継続的なレクリエーション利用を提供すること、安全な水と空気を確保することも目的としている。米国で3番目に人口が多く、1日に平均1000人が転入するフロリダ州では、きわめて重要な取り組みだ。

エバーグレーズ国立公園のマングローブの林を進む漁船。この一帯が開発によって分断されることを阻止するには、オーランドに近いエバーグレーズの源流と回廊の保全が不可欠だ。 (Photograph by Carlton Ward Jr.)

「私たちが何より望んでいたことです」。野生生物回廊法の可決について、キシミー湖近くで6世代続く牧場を営むケーリー・ライトシー氏はこう話す。土地を保護することで「天然資源を維持し、絶滅の危機にある動物を保護し、何より地形を守ることができるでしょう」

 自然保護活動家のトーリ・リンダー氏は、ナショナル ジオグラフィック協会の支援を受けて回廊の保護に取り組む「パス・オブ・ザ・パンサー」の事務局長で、法案の成立を後押ししてきた。「フロリダ野生生物回廊法の成立は、自然と人間が共存繁栄できる持続可能な開発のモデルを全米に提示したことになります。大変すばらしいことです」

回廊の特定

 新たな法律では、フロリダ野生生物回廊に該当する条件を規定している。該当する土地の判断には、フロリダの自然に関する膨大なデータベース「フロリダ・エコロジカル・グリーンウェイズ・ネットワーク(FEGN)」の情報が活用される。

 米フロリダ大学景観保全計画センターのディレクター、トム・ホクター氏が管理するこのデータベースには、動物の移動や生態系の測定値、生息地の種類、水の利用可能性など多くの要素が含まれている。回廊に該当しうる土地は全体で7万3000平方キロにおよび、現在は、そのうち4万平方キロが保護されている。

 フロリダパンサーをはじめ多くの種にとって、分散したり、交配相手に出合ったり、広い行動圏を維持するために、回廊が必要だ。

 絶滅が危ぶまれているフロリダパンサーは、1970年代には、ほぼ絶滅状態に近かったが、1990年代にテキサス州のピューマ5頭の遺伝子が導入されたことで、生息数が回復した。2016年には、フォートマイヤーズからオキーチョビー湖に流れるカローサハッチ川の北側で、1頭のメスが目撃された。

 この43年ぶりの出来事は、フロリダパンサーが長期にわたって生き延びるために北方に移動しなければならないことを示唆しており、そのためには野生生物回廊が保全されることが重要だ。

ギャラリー:回廊で守る、米国フロリダの動物と自然 写真8点(写真クリックでギャラリーページへ)
フロリダパンサー野生動物保護区。絶滅の危機にあるフロリダパンサーが生き延びるためには、北に生息域を拡大しなければならず、その移動はすでに始まっている。うまくいくかは回廊内の私有地の保全状態にかかっている。 (Photograph by Carlton Ward Jr.)

次ページ:協調した取り組み

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:3,960円(税込)

Photo Stories 一覧へ