Photo Stories撮影ストーリー

南米に生息するメダマハネアリ(Gigantiops destructor)は、頭の大きさに対する目の比率が既知のアリの種の中で最も高い。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)

こんなに多様なアリの世界、その顔を見比べてみた 写真12点

2021.12.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニガ氏はうまく答えられなかった。そこで、ルーマニアで警察官をしていたころに身に付けた写真撮影の技術を、久しぶりに発揮することにした(ニガ氏は現在、ロンドンで英語と数学の教師をしている)。

 今なら、娘の質問に自信を持って答えることができる。なかにはグンタイアリのように、ほとんど目が見えず、嗅覚と触覚で進路を知るアリもいる。逆にメダマハネアリ(Gigantiops destructor)のように、大きな目が頭の大部分を占めているようなアリもいる。この大きな目は、アマゾンの熱帯雨林を跳ね回りながら、エサとなる花の蜜や小さな節足動物を探すのに役立っていると考えられる。サハラギンアリは、前額部の中央にも光を検出する3つの「目」をもっている。

中国とその周辺国で見られるマガリアリ属の1種(Gnamptogenys bicolor)。頭部にある玉虫色の小さなへこみは擬態の役に立っているのかもしれない。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
中国とその周辺国で見られるマガリアリ属の1種(Gnamptogenys bicolor)。頭部にある玉虫色の小さなへこみは擬態の役に立っているのかもしれない。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
このハキリアリ属の1種(Atta cephalotes)は、地下の部屋でキノコを栽培する。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
このハキリアリ属の1種(Atta cephalotes)は、地下の部屋でキノコを栽培する。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)

超接写でわかったこと

 これらの超接近写真を撮るために、ニガ氏はアリの頭部を部位ごとに撮影する装置をロンドンの自宅に作り上げた。1つの頭部の写真を完成させるために、ときには最大20倍の倍率で1000枚以上の写真を撮ることもある。通常、撮影に使うのは死んでいるアリだが、生きていたときの姿に近づけるため、乾燥した標本を水で戻してから撮影することもある。標本は世界中にいる数十人の協力者から、通常は郵便で送られてくる。

米アリゾナ州と近隣の州でよく見られるシュウカクアリ属の1種(Pogonomyrmex maricopa)は、ミツバチよりも強力な針を持ち、刺されると激痛が走る。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
米アリゾナ州と近隣の州でよく見られるシュウカクアリ属の1種(Pogonomyrmex maricopa)は、ミツバチよりも強力な針を持ち、刺されると激痛が走る。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
金色の毛で覆われた、東南アジア原産のトゲアリ属の1種(Polyrhachis beccarii)の働きアリ。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
金色の毛で覆われた、東南アジア原産のトゲアリ属の1種(Polyrhachis beccarii)の働きアリ。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)

 すべての写真を撮り終えると、編集ソフトを使ってそれらをつなぎ合わせる。結果に驚かされることも多いと氏は言う。例えば、あまり派手だとは思っていなかったトゲアリ属(Polyrhachis)のアリは、高倍率の画像を見ると、ちらちらと光る金色の毛で覆われていることがわかった。

 アリの研究者で、本書の文章を担当したエレナー・スパイサー・ライス氏は、多くのアリが玉虫色で光沢のある金属的な外骨格をもつことに驚いたと言う。この色合いが、捕食者の目をごまかすのに役立つのではないかと考える科学者もいる。

ラテンアメリカ原産のサシハリアリ(Paraponera clavata)は、あらゆる昆虫の中で、刺されると最も痛い種のひとつ。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
ラテンアメリカ原産のサシハリアリ(Paraponera clavata)は、あらゆる昆虫の中で、刺されると最も痛い種のひとつ。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
このアリが属するオオアリ属(Camponotus)は非常に大きく複雑なグループで、世界中で見られ、1000種以上が含まれる。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)
このアリが属するオオアリ属(Camponotus)は非常に大きく複雑なグループで、世界中で見られ、1000種以上が含まれる。(PHOTOGRAPH BY EDUARD FLORIN NIGA)

 アリを鑑賞するために遠くまで出かけていく必要はないと、スパイサー・ライス氏は言う。アリは世界中に1万5000種以上もいるため、自宅の裏庭や歩道の下で魅力的な種に出会える可能性も高い。

 例えば米国東海岸にいる「奴隷使役アリ」の1種は、他の種のさなぎを盗んで育てる。こうすることで、エネルギーを費やして幼虫を育てることなく、ただで労働力を手に入れるのだとスパイサー・ライス氏は説明する。「舗装アリ」と呼ばれる一部のシワアリ属(Tetramorium)は、世界各地の都市部のコンクリートの下などで暮らしており、春には激しい「戦争」を繰り広げる。

「人はたいがい、自分にとって迷惑な種のことしか気にかけませんが」とスパイサー・ライス氏は言う。「世界には大変多くの種のアリがいて、どれも驚くべき習性をもっているのです」

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=DOUGLAS MAIN/写真=EDUARD FLORIN NIGA/訳=山内百合子

おすすめ関連書籍

ビジュアル 世界一の昆虫 コンパクト版

世界一の記録をもった〈ものすごい〉昆虫135種をすべて写真付きで紹介!2010年に刊行した『ビジュアル 世界一の昆虫』が、手に取りやすいコンパクトサイズになってついに登場。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,970円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ