Photo Stories撮影ストーリー

兵馬俑坑の1号坑で発見された大量の兵士俑。それぞれの像は実物大だ。(OLEKSIY MAKSYMENKO/ALAMY/CORDON PRESS)

2200年前の中国、兵馬俑とは何か? どうやって大量生産したのか?

2021.05.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 当時の時代背景を考えると、この事業の偉大さをより深く理解できるだろう。秦の統一前から陵墓の建設と兵馬俑の製造を命じたとしても、紀元前210年に始皇帝が死去するまでの期間はわずかしかなかった。当時の中国には様々な文化、民族、宗教が混在していた。中央集権型の独裁体制に不慣れな国土の隅々まで命令を伝え、実行させるのは並大抵の苦労ではなかったはずだ。

どうやって大量生産したのか?

 紀元前3世紀に、数千体もの実物大の兵士を作るために、いったいどのように材料や技術的ノウハウ、労働力を結集させたのだろうか。兵馬俑の製造には、標準化された大量生産システムとともに、高度に効率的な計画管理が必要だ。そこで、この記事の筆者(マルコス・マルティノン=トレス)も参加した考古学者チームが、科学分析を基に、リバースエンジニアリングによって製造工程の再現を試みた。

兵馬俑の作り方
1 こねる
粘土を柔らかくなるまでこねる。(ILLUSTRATION BY WILLIAM BORREGO)
1 こねる
2 形を整える(作り方3~9は画像クリックでギャラリーへ)
こねた粘土を切り分けて、成型用に形を整える。(ILLUSTRATION BY WILLIAM BORREGO)
2 形を整える(作り方3~9は画像クリックでギャラリーへ)

 結果はこうだ。まず、労働者は比較的小さなチームに分けられた。それぞれのチームが並行して各部位の製造を担当するためだ。製造から組み立てまで1カ所で行うのではなく、組み立て専門の複数のチームが一体ずつ俑を組み立て、彩色が終わると、それらを坑へ納めた。

 同様に、武器も別の場所で製造されたものを集めて、兵士の手に持たせた。多数の作業場を作り、これらを連係させるには莫大な投資が必要になるが、何か想定外の問題が持ち上がった時に対応しやすい。どこかで作業が遅れても、すぐに別のチームを召集して、問題の対応にあたらせることができる。(参考記事:「兵馬俑の職人、ギリシャ人芸術家が訓練か」

すべての兵馬俑が粘土だけで作られていたわけではない。この写真の傘と馬は青銅、戦車は木と青銅で作られている。始皇帝陵のすぐそばで1980年に発掘されたもの。(PANORAMA MEDIA/AGE FOTOSTOCK)
すべての兵馬俑が粘土だけで作られていたわけではない。この写真の傘と馬は青銅、戦車は木と青銅で作られている。始皇帝陵のすぐそばで1980年に発掘されたもの。(PANORAMA MEDIA/AGE FOTOSTOCK)

 始皇帝の兵馬俑には一つとして同じものがないとよく言われる。全ての兵士が実在した個人を一人一人かたどったわけではないだろうが、一体ずつ特徴を持たせるために多大な努力が払われたことは間違いない。ある研究者は、いくつかの基本型が用意され、それらを何通りにも組み合わせて個性をもたせたのではないかとみている。

 数千もの表情を持った兵馬俑がずらりと並んだ壮大な眺めは、毎年訪れる数百万人の観光客の記憶に焼き付けられる。だが、そもそもこれらの兵馬俑は生者の目を楽しませるために作られたのではない。彼らは、死後の世界の戦士たちだ。

兵馬俑の頭部でわかる階級
位の低い兵士
位の低い兵士
兵士俑を観察すると、紀元前3世紀の中国軍隊の構成を知ることができる。兵士の位によって、被り物や髪形が異なる。下っ端の兵士は、髪を頭の上で結んでいた。(DAVID DAVIS/ALAMY/CORDON PRESS)
重装歩兵(騎兵や将軍の頭部は画像クリックでギャラリーへ)
重装歩兵(騎兵や将軍の頭部は画像クリックでギャラリーへ)
重装歩兵の髪はすかしつけられ、真ん中で分けられていた。(DAVID DAVIS/ALAMY/CORDON PRESS)

 現代に生きる私たちは誰でも、ここを訪れれば圧倒的な兵士の隊列を見渡すことができるが、秦の始皇帝も同じようにその特権を享受できたのだろうか。兵馬俑は整然と並べられた後、巨大な木の梁で覆われ、アシの葉をかぶせられ、大量の土の下に埋められた。

 不老不死を求めたと言われる始皇帝の望みも空しく、巨大な墓は作られた直後から危機に直面した。皇帝の死後まもなく秦朝は崩壊し、漢にとってかわられたのだ。変遷期の混乱の影響だろう、兵馬俑坑が水害と火災で損傷を受けていたことを示す証拠がある。

ギャラリー:2200年前の中国、兵馬俑はこうして作られた 写真とイラスト21点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:2200年前の中国、兵馬俑はこうして作られた 写真とイラスト21点(写真クリックでギャラリーページへ)
始皇帝陵で最も多くの兵馬俑が納められている1号坑。1974年の発見後、手前の俑は修復されたが、奥のほうに倒れていたものは、今も修復を待っている。これまでのところ、広大な兵馬俑坑のうち発掘された部分はわずかで、まだ多くが未発掘のままであると考えられている。(MASSIMILIANO DE SANTIS/FOTOTECA 9X12)

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー:2200年前の中国、兵馬俑はこうして作られた あと11点

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=MARCOS MARTINÓN-TORRES/訳=ルーバー荒井ハンナ

おすすめ関連書籍

古代史マップ

世界を変えた帝国と文明の興亡

古代エジプト、共和制ローマ、漢などの世界を変えた強国から、カルタゴ、クレタ、オルメカなどの謎が残る文明まで、古代世界の勢力の変遷や時間の流れを視覚的に理解できる!

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ