Photo Stories撮影ストーリー

ボスニア・ヘルツェゴビナ北西部、ビハチの町。クロアチアに渡る直前、屋外キッチンで調理するパキスタンからの移民たち。(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)

歩いて欧州めざす移民たち、中継地ボスニアでの不安な日常 写真15点

2021.05.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジアや中東から何千キロもの距離を歩き、ひそかに西欧をめざす移民たちがいる。警察の目を逃れ、犯罪者をやり過ごしながら国境を越えていくその危険な試みを、彼らは「ザ・ゲーム」と呼ぶ。

 2015年、数千人の移民がギリシャから北上し、セルビア、ハンガリーを経由して西欧へやってくるようになった。しかし、2017年、ハンガリーが国境の取り締まりを強化すると、ルートは西のボスニア・ヘルツェゴビナへと移った。(参考記事:「ヨーロッパの入り口で足止めされる少年難民たち 写真25点」

 彼らはここから、欧州連合(EU)加盟国であり、西欧への入り口となるクロアチアに入国したいと考えていた。ボスニア・ヘルツェゴビナは、クロアチアと長い国境線で接しており、そこは山や川が多く取り締まりが困難なため、移民たちが西欧へ向かうルートの重要な中継地となった。

 写真家のジヤ・ガフィッチ氏は、この1年間、母国ボスニアで移民たちの実像を記録してきた。「ゲームとは、より良い生活を手に入れるまでのプロセスの全てを指しています」

パキスタン人男性数十人がクロアチアへの国境を越えるべく、プリェシェヴィツァ山に向かって歩き始める。(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)
ボスニアの田園地帯で、仲間の散髪をする男性。クロアチアを経てドイツなどの国への亡命を希望している。(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)
バルカン半島の冬はとても寒い。ビニールシートと毛布は、難民たちにとって唯一の防寒具だ。(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)

 ガフィッチ氏が取材を始めて以降、約7万人の難民・移民がボスニアを通過した。現在、ボスニアでは新型コロナウイルス感染症の第3波が発生しており、移民や難民をめぐる政治的・社会的な緊張が高まっている。

「歴史上ずっと、この国は人が去っていく場所でしたが、突然、EUの『門番』になったのです」とガフィッチ氏は言う。「ある意味、詩的です。けれど、私たちは彼らに基本的な安全を提供することができていません。煉獄のようなものです。ここに留まって、国境を越える機会を待つだけなのです」

アルジェリアからやってきた若者、ヤシールが、廃墟と化したサラエボの元老人ホームで祈りを捧げる。(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)
汚染された小川で服を洗い、水浴びをする移民たち。近くの廃工場に仮設の居住区を作っている。公の施設は満員のことが多く、屋外での生活を余儀なくされる人が多い。(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)
モロッコからの亡命者たちが、不法占拠中の工場で食事を作る。ボスニア政府の分断によって、移民問題への対応は困難になっている。(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)

 国際移住機関(IOM)によると、パンデミックの影響で、2019年から2020年にかけてやってきた移民の数は半減した。それでも、同国の5つの受け入れ施設は満杯で、約4700人の移民、難民、庇護希望者が滞在している(いずれも国際法上は別のカテゴリー)。

 これらの人々の数は数字としては小さいものの、移民たちは危険な状態にある。原因はボスニアの政治体制の複雑さだ。

 1990年代にユーゴスラビアから独立して以来、ボスニア・ヘルツェゴビナは2つの自治的な組織から構成されており、それぞれが独自の大統領と法律制定機関をもっている。一方で、国家元首は3つの主要な民族の間で8カ月ごとに交代する。1995年の和平協定によって導入されたこの権力分立の仕組みが、迅速な決定を阻んでいるのだ。

ボスニアとセルビアの間を流れるドリナ川を渡る2人の移民。冬が近づくと、ドリナ川を渡るのはますます危険だが、それでもここはセルビアからボスニアへの最も一般的なルートだ。(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)

「ボスニアの状況の複雑さが、対応を格別に困難なものにしています」と、IOMボスニア・ヘルツェゴビナ支部代表のローラ・ルンガロッティ氏は話す。「多くの人がこれを移民危機と呼びますが、そこには誤解があります。全ての人のニーズと権利を満たす仕組みや戦略が、現時点で存在していません。そのことが、この問題を緊急かつ切実なものにしています」

 移民受け入れ施設から医療サービスまで、あらゆることが政治的な緊張感を高め、分断を深めている。「国が分断されているのと同じだけ、この問題に関しても分断があります」とルンガロッティ氏は言う。

次ページ:新型コロナウイルスの影響も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版

米国内で発表された優れた報道・作品に授けられる「ピュリツァー賞」。時代を映す報道写真集の決定版に、2015年までの最新受賞写真を加えた改定版。

定価:4,290円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ