Photo Stories撮影ストーリー

写真家のムハンマド・ムヘイセン氏がヘリコプターからこの写真を撮っているとき、ザータリ難民キャンプの、プレハブのシェルターがひしめく光景の何かが心を打った。そこかしこで、焦げ茶色の屋根の間から、色とりどりの小さな斑点が顔を覗かせていた。「写真家として、私はいつも色を探しています」と氏は語る。「この小さなマッチ箱のような家を見下ろしていると、さまざまな色が見えてきました。黄色や赤、緑も」。それはシェルターを明るく特別なものにしようと、個人や家族が塗ったペンキの色だった。外国の避難所が、たとえ仮のものであっても、少しでも我が家と感じられるように。(PHOTOGRAPH BY MUHAMMED MUHEISEN)

世界初、難民キャンプのコロナワクチンセンターに見た希望の光

2021.04.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私は深く心を打たれた。立ち直りの早さに、人間の適応能力に、そして希望に」──ピュリツァー賞を2度受賞した写真家による撮影ストーリー。

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

文・写真=Muhammed Muheisen/訳=山内百合子

おすすめ関連書籍

ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版

米国内で発表された優れた報道・作品に授けられる「ピュリツァー賞」。時代を映す報道写真集の決定版に、2015年までの最新受賞写真を加えた改定版。

定価:4,290円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ