Photo Stories撮影ストーリー

2016年12月18日 長泥地区:住民が避難していなくなった帰還困難区域では、人間のことをあまり知らない新世代の動物が出てきた。この若いキツネもそのようだった。(写真=関根 学)

原発事故から10年、飯舘村のたくましい野生

2021.03.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原発事故によって住民の暮らしが突然奪われた福島県の農村地帯では、人間と自然の境界が失われ、野生のたくましい素顔があらわになっている。

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

写真・文=関根 学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ