Photo Stories撮影ストーリー

2020年秋、ペルーアンデス高地に立つクスコ大聖堂の前を歩く女性。マチュピチュのインカ遺跡を中心とした一帯の観光業は、新型コロナウイルス流行に伴うロックダウンによって立ち行かなくなり、多くの住民が生活のために、農業やその他の仕事に従事している。(PHOTOGRAPH BY SHARON CASTELLANOS AND VICTOR ZEA)

パンデミックの大波かぶる観光業、世界遺産マチュピチュやクスコにもたらした問題、写真12点

2021.01.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フアン・ユパンキ氏は、1年前に購入し、まだビニールにくるまれたままのマットレスの山をじっと見つめた。そして「これらが役に立つ日は来るのだろうか」と思わずつぶやいた。

 マットレスが積まれているのは、ユパンキ氏が2020年、自分の農園に建てたわらぶき屋根のゲストハウスの中だ。彼のゲストハウスはペルー南東部、世界遺産の都市クスコからほど近いパタカンチャ村にある。小さな窓があり、素朴な家具が置かれたゲストハウスは、ユパンキ氏が家族で経営する体験型ツーリズムビジネスを、さらに盛り上げてくれるはずだった。でも、今はそれもかなわない。

 客の数は、2019年になってようやく増え始めていた。ユパンキ氏はそれまで、何年もかけて施設を整えてきた。平均でひと月に5組ほどのグループがやってきて、アルパカの世話、村のトレードマークになっている赤いポンチョの織り方、地元の踊りなどを習いながら、1〜2日ほど滞在していった。

 2020年、ユパンキ氏はゲストハウスの改装を決めた。ところが3月、新型コロナウイルスの流行に対してペルーが厳しいロックダウンを実施すると、急ブレーキをかけたようにすべてが停止してしまった。その月に入っていたフランスと米国からの旅行者の予約はキャンセルとなり、それ以降、ゲストハウスは開店休業状態が続いているのだ。

2020年秋、オリャンタイタンボにある店舗から工芸品やお土産品を運び出す親子。この町はマチュピチュへと続くルート上に位置し、多くの観光客が立ち寄る。COVID-19のために店を閉めていた数カ月の間に、店は盗難や侵入の被害を受けた。(PHOTOGRAPH BY SHARON CASTELLANOS AND VICTOR ZEA)
2020年秋、誰もいないモレイ考古学センターを見渡す公園警備員。階段状のくぼみがあるこの遺跡は、儀式あるいは農業に使われていたと考えられている。マチュピチュ周辺の大半の観光地と同じく、この場所もCOVID-19のパンデミックによって数カ月間閉鎖されていた。(PHOTOGRAPH BY SHARON CASTELLANOS AND VICTOR ZEA)

 パタカンチャのような、クスコ周辺の高地にある村では今も生活の基盤は農業だが、現金の流れを生み出すのは観光業だ。現在、観光客の足は途絶えている。ユパンキ氏をはじめ、マチュピチュ周辺地域の観光産業で働いていたたくさんの人々は今、ドルやユーロをもたらす海外からの観光客が戻ってくるまでに、どのくらいの期間、耐え忍べばいいのかに思いを巡らせている。

危機に瀕する観光産業

「観光はお金になりました。今は、食べるものはありますがお金がまったくありません」と、ユパンキ氏は言う。「日々心配は募るばかりです。こうした状態がいつ終わるのかわからないのですから」

 ホームステイ型の観光業のほかに、パタカンチャの男性の多くは、マチュピチュへと続く古代の道であるインカトレイルを歩く冒険好きのハイカーたちのために、ポーターや料理人として働いて現金を得ていた。44歳のユパンキ氏も、この仕事を18年間続けてきた。村の女性たちはポンチョなど布製の工芸品を作り、地元の市場で売っていた。

マチュピチュ近くに位置する村アグアスカリエンテスにあるホステルのオーナーが、客のいない部屋に腰掛けている。COVID-19のパンデミックは、例年100万人以上の観光客を集めるマチュピチュ周辺の観光経済を衰退させた。(PHOTOGRAPH BY SHARON CASTELLANOS AND VICTOR ZEA)

 ユパンキ氏らパタカンチャ村の人々は現在、パンデミックによる経済危機を、アルパカの毛糸や、チューニョという、ジャガイモを自然に凍結乾燥させた食品を業者に売ることでしのいでいる。

 クスコの公営観光局長のエリアナ・ミランダ氏によると、観光業で職を得ていた人(ホテルの受付から道端の土産物売りまで)の92%が、クスコが2度目のロックダウンに入った20年8月以降、職を失ったという。

ギャラリー:パンデミックにさいなまれる世界遺産クスコとマチュピチュの今 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
布の織り手たちは、いつもはクスコ付近のチンチェロ村で布工芸や料理の腕を披露している。(PHOTOGRAPH BY SHARON CASTELLANOS AND VICTOR ZEA)

次ページ:観光業から離れ始めた人々

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500 第2版

世界でシリーズ累計530万部のベストセラーの最新版が登場! 秘境から名所まで、いま行くべき場所、体験すべきことがこの1冊に。〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ