Photo Stories撮影ストーリー

4月23日 病院で物資が不足(米国 ボガルーサ):コロナ禍で備品が底を突く病院が相次ぐなか、一貫性のない政府の対応が事態を悪化させた。ここルイジアナ州のアワ・レディー・オブ・ジ・エンジェルズ病院では、医療用のN95マスクが不足。医師のジェラルド・フォレットは診察前に呼吸保護用マスクを着けた。新型コロナウイルスの感染者が治療されている陰圧室では、顔全体を覆うマスクで飛沫やエアロゾルをほぼ防ぐことができる。(写真:マックス・アギレラ=ヘルウェグ)「マスクなしで病室に入れば、命取りになりかねません」̶ マックス・アギレラ=ヘルウェグ

2020 試された1年

2020.12.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年1月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。

新型コロナウイルスの大流行、人種差別への抗議、森林火災……。人間の心の強さを試すような出来事が、次々に起きた。

 英語の辞書を出版する米メリアム=ウェブスター社は毎年、同社のオンライン辞書で最も多く検索された単語を発表している。検索した人は必ずしも単語の意味を知らないわけではない。辞書の定義を確認することで、今起きている出来事を理解しようとしているのだ。2020年の初めから早春にかけては、apocalypse(世の終末)、calamity(災厄)、pestilence(疫病)、panic(パニック)といった単語がよく検索された。

 春が過ぎ、黒人男性のジョージ・フロイドが白人警官による暴行で死亡する事件が起きると、racism(人種差別)の検索数が急増した。ほかにも、fascism(ファシズム)やempathy(共感)、警察に対して使われたdefund(予算取り消し)、9月にはmental health(心の健康)がさかんに検索されるようになった。

 2020年、アフリカとアジアはバッタの大群に襲われた。そして今月号の校了を控えた時点で、世界の多くの地域では、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)は収束の兆しすら見えていなかった。生き延びた私たちも一時期、この1年全体が人間の感情の振れ幅を試す狂った実験のように思えたものだ。人々は時にはおびえ、勇敢になり、うろたえ、感謝し、悪意に満ち、悲しみにふけり、欲を捨て、希望を抱き、斜に構え、激怒し、毅然とした態度を見せた。相矛盾する感情が入り交じることもあった。2020年は、人間の感情がどれほど大きく揺れ動くか、まざまざと思い知らされた年だった。

4月14日 世界的な危機の最前線で働く(トルコ イスタンブール)
新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界中の都市が封鎖されるなか、社会に必要不可欠な「エッセンシャルワーカー」と呼ばれるようになった人たちは働き続けなければならなかった。イスタンブールでは、観光客が消えた観光地区ベイオールで、市の清掃員が通りを消毒した。感染防止だけでなく、市民を安心させる目的もあったのかもしれない。その後、世界保健機関(WHO)がこうした対策はあまり効果がなく、消毒剤は人体に有害な場合もあると警告した。(写真:エミン・オズマン/MAGNUM PHOTOS)

「イスタンブールは、通り過ぎる人、訪れる人、住む人の心に深い印象を刻み、人をとりこにします。新型コロナのせいで、その魔力がほとんど失われました」
̶ エミン・オズマン

参考記事:「ギャラリー:新型コロナ危機下でも働く、世界の「不可欠な」人々 写真32点」
5月2日 感染者の特定に悪戦苦闘(アルゼンチン ティエラ・デル・フエゴ州)
ティエラ・デル・フエゴ州は、アルゼンチンのなかでも深刻なコロナ禍に見舞われた地域だ。州都ウシュアイアでは、最大手のスーパーマーケット2店の入り口に、市当局が温度を測定するサーマルカメラを設置した。都市封鎖下で営業を続けたスーパーはこの2店だけだったため、市全域の人々が押し寄せた。市当局は感染拡大を防ごうと、温度が高い客の入店を阻止したが、この方法は感染者の特定には有効ではない。サーマルカメラで測定される皮膚の温度は、気温や室温の影響を受けやすいからだ。(写真:ルハン・アグスティ)

「どんなに頑張っても、サーマルカメラで体温を正確に測るのは難しいんです」
̶ ルハン・アグスティ
6月15日 臨終に立ち会えない悲しみ(米国 デトロイト)
4月に夫のエディーと義母を新型コロナウイルス感染症の合併症で失ったエレイン・フィールズ。夫の死の2カ月後、彼の墓のそばに立つエレインの頰を涙が伝った。家族を集めて葬儀を行えなかった無念さ、45年間連れ添った夫の死をみとることすら許されなかった悲しみは計り知れない。(写真:ウェイン・ローレンス)

「夫をきちんと見送れなかったからつらい。臨終に立ち会うことも、葬式を出すこともできませんでした」
̶ エレイン・フィールズ

参考記事:「米国:コロナの悲劇は万人に等しくはなかった(コロナ各国の現場)」
6月10日 ただの数字じゃない(米国 デトロイト)
「母は統計の数字なんかじゃない。一人の人間なんです」。そう訴えるのは、新型コロナウイルス感染症の合併症で70歳のエレイン・ヘッドと死別したビバ・アダムス。コロナ禍で祖母とおばも失った。ミシガン州デトロイトの自宅のそばで、孫娘のジアを抱いた娘のマリア・ウィリアムズと撮影に応じてくれた。(写真:ウェイン・ローレンス)

次ページ:人種差別に対する激しい抗議も

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2021年1月号

試された1年/隔てられた1年/闘い続けた1年/希望をつないだ1年

2020年は決して忘れられない年になりました。新型コロナウイルスによる多くの死者、深刻化した人種対立、政治的な分断などに特徴づけられた痛ましい1年であったことは間違いありません。世界各地の写真家たちの作品を通して、激動の1年を振り返ります。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ