Photo Stories撮影ストーリー

新型コロナウイルスのパンデミックの最中、インドネシア海兵隊が配布する援助物資を受け取るために集まった人々。ジャカルタ、グヌンサハリ。(Photograph by Muhammad Fadli, National Geographic)

「政府は遅すぎる」新型コロナ、インドネシアで何が起きているのか 写真27点

2020.05.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャカルタでは多くの人々が、村のような社会構造を維持したカンプンと呼ばれる非公式な区割りの一員として暮らしている。都市部にあるカンプンは、法的な立場が脆弱である場合が多いため、彼らは住民たちの草の根の力を利用して、自らの共同体が不法居住者の集まりではなく村であることを主張したり、社会サービスを要求したりすることに慣れているのだと、スウェーデン、イエーテボリ大学の人類学者ヨルゲン・ヘルマン氏は言う。

 都市の中に村があるこうした環境においては、パンデミック時の食料や物資の配布も、地域に極めて特化した形で行われてきた。「都市貧困コンソーシアム」は、少人数のボランティアチームを動員して、北ジャカルタの全地区に行き渡るだけの食料品を購入し、接触を最小限に抑えながらこれを配達して、移動記録をオンライン上に残している。

政府は、ラマダン期間中は家の中に留まることを推奨しているが、モスクでの礼拝に出席したいと望む人は少なくない。写真はジョグジャカルタ州スレマン県にあるモスクで、ラマダン初日の夜の礼拝に参加する人々。(Photograph by Muhammad Fadli, National Geographic)

 こうした対策が感染拡大の抑制に役立っているのかどうかを判断するのは難しい。なぜなら、インドネシアの検査数は極めて少ないからだ。2億7000万人近い人口を抱えるこの国では、わずか16万5000件ほどしか検査が実施されていない。米国では1000万件近い検査が行われ、トルコの検査数は144万件だ。

「政府には何も期待しない」

 この国に5000万〜7000万人が暮らしていると言われる先住民は、自らのコミュニティの封鎖を特に積極的に行ってきた。ボルネオ島のスンガイ・ウティックに住むイバン・ダヤック族は、コロナウイルスのニュースが聞こえ始めた3月第1週に、すみやかに部外者や観光客のアクセスを遮断した。

「先住民は、容易に封鎖状態に順応することができます。彼らは政府から何も期待しないことに慣れているからです」。先住民の権利活動家で、現在はジャカルタで暮らすダヤック族のミナ・セトラ氏はそう語る。

ギャラリー:新型コロナ、インドネシアで起きていること 写真27点(写真クリックでギャラリーページへ)
4000人近い感染者が確認されているインドネシアのパンデミックの震源地ジャカルタで、郊外の通勤電車に乗る2人の女性。(Photograph by Muhammad Fadli, National Geographic)
西ジャワ州チアンジュール県にある工場前で、満員の公営ミニバスの出発を待つ作業員。(Photograph by Muhammad Fadli, National Geographic)

 そうした傾向がとりわけ顕著なのは、インドネシア最東端に位置し、非常に多くの先住民が暮らす西パプア州とパプア州だ。これら二つの州は、数十年間に及ぶ分離独立運動の影響もあって武装化が進んでおり、中央政府とは緊迫した関係にある。ジャカルタ州が社会的制限を発令する2週間に、パプア州と西パプア州の大都市であるメラウケとソロンの市長は、市全域の封鎖を開始した。パプアの州議会はまた、一時的に陸海空すべての通関地と港を閉鎖した。

 広範囲に散らばる数多くの島々から構成される東部の州マルクもまた、3月下旬にはほとんどの港を閉鎖した。「マルク州とパプア州の政府は今回の危機に際し、ウイルスが東へと広がっていることを察知し、迅速に封鎖を行えば拡大を食い止められると考えたのです」と、ミーツナー氏は言う。

次ページ:ラマダン明けの大移動を止めたいが

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ