アフリカの大都市、ナイロビの新型コロナ対策 外出禁止令で格差が浮き彫りに

新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たホテルの宿泊客を、救急車でケニヤッタ大学病院の隔離施設へ搬送するリーバイ・オングソさん。救急車を所有する会社エマージェンシー・プラス・メディカル・サービスは、ナイロビで10台、ケニア全土でさらに20台の救急車をCOVID-19感染者専用にしている。 (PHOTOGRAPHS BY NICHOLE SOBECKI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー