Photo Stories撮影ストーリー

1945年2月23日、5日間の激しい戦いを終え、硫黄島の最高峰に星条旗を掲げる米海兵隊員たち。ジョー・ローゼンタールが撮影したこの写真は全米で高く評価され、同年、ピュリツァー賞に輝いた。(PHOTOGRAPH BY JOE ROSENTHAL, AP)

ピュリツァー賞受賞写真「硫黄島に掲げられた星条旗」 撮影の舞台裏

2020.03.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1945年2月23日、日本軍が必死に守ってきた硫黄島の摺鉢山(すりばちやま)の頂に、米海兵隊が星条旗を掲げた。幸運にも、写真家のジョー・ローゼンタールはその場に居合わせ、不朽の一枚と呼ばれる写真が生まれた。数週間後、この写真は米国政府による第7回戦時国債キャンペーンのテーマとなった。この写真を絵柄に用いた切手もつくられ、写真のシーンは映画で何度も再現されている。(参考記事:「米兵もむせび泣いた硫黄島の激戦、75年前の傷癒えぬ元兵士は語る」

 写真を見て米国人の誰もが思い出すのは、ワシントンD.C.からポトマック川を渡ってすぐのアーリントン国立墓地に立つ星条旗掲揚の記念碑だろう。ローゼンタールがAP通信に送った写真がそのままモチーフになっている。

 この写真は、ローゼンタールがグラフレックスの大きな4x5in判カメラを、絶好のタイミングで適切な方向に構え、ファインダーものぞかずにシャッターを切って撮ったものだ。

参考ギャラリー:米兵もむせび泣いた硫黄島の激戦、75年前の傷癒えぬ元兵士は語る 写真7点(画像クリックでギャラリーへ)
太平洋戦争で米軍にとって最も過酷な戦闘となった硫黄島の戦いは、1945年2月19日から36日間にわたって続き、この島の拠点を壊滅させた。(W. Eugene Smith, The LIFE Picture Collection/Getty Images)

 写真はあまりに完璧だった。重要な瞬間をとらえ、兵士たちの勇気と絆が表現されており、芸術的構図の基準をほぼすべて満たしている。そのため、すべてでっち上げだったのではないかという疑いをかけられ、ローゼンタールは生涯にわたり、反論し続けることになった。

 例えば、ローゼンタールが山頂に到着したのは遅かったという事実がある。だが、それが撮影の好機を生んだ。

 ローゼンタールが標高170メートルの摺鉢山に登頂したとき、海兵隊員たちはすでに小さな星条旗を掲揚していたのだ。従軍写真家のルイス・ロウェリー二等軍曹は、この瞬間を撮影しているが、山頂に突如現れた星条旗を見た日本軍は一斉に銃弾を浴びせた。弾をよけようと伏せたとき、ロウェリーのカメラは壊れてしまった。そこで、ロウェリーは新しいカメラを取りに下山した。このとき、ロウェリーは必死に山頂を目指すローゼンタールとすれ違った。「星条旗はもう掲げられたよ」と、ロウェリーは、ローゼンタールに悪い知らせを伝えた。

 それでも、いい写真が撮れるかもしれないと考えたローゼンタールは山頂を目指した。ローゼンタールが頂にたどり着いたとき、ちょうど海兵隊員たちは2つ目の大きな旗を準備していた。島のどこからでも星条旗が見えるように、海兵隊の幹部が望んだからだ。

 一般に、従軍写真家に2度目のシャッターチャンスが巡ってくることは、まずない。その、めったにない2度目のチャンスが巡ってきたと、ローゼンタールはすぐに気付いた。そこからは時間との勝負だ。2つ目の旗が掲げられるまでのわずかな時間で、絶好の場所でカメラを構える必要がある。身長165センチほどと小柄なローゼンタールは土のうを重ね、その上に立った。

硫黄島の航空偵察写真を基に作成された「特殊空挺(くうてい)砲撃目標地図」。日本軍の飛行場や要塞(ようさい)が記載されている。米海兵隊の艦隊が数週間にわたって爆撃を続けたが、約18キロの坑道で結ばれた掩体壕(えんたいごう)のネットワークを含む地下陣地は破壊できなかった。(BRIDGEMAN IMAGES)

次ページ:やれることはやったが、確信はなかったローゼンタール

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版

米国内で発表された優れた報道・作品に授けられる「ピュリツァー賞」。時代を映す報道写真集の決定版に、2015年までの最新受賞写真を加えた改定版。

定価:本体3,900円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ