Photo Stories撮影ストーリー

「ファキティーグ・クリル・ド・マルディグラ」に集った人々が、米ルイジアナ州ユーニス郊外の草地を駆け抜ける。祭りの参加者は、その一人一人も、参加者全体も「マルディグラ」と呼ばれる。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE BANGSER)

みんなが知らない、地元密着の楽しいマルディグラ 写真10点

2020.02.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここは米国ルイジアナ州。夜が明けると、ユーニスの町外れにある農場に人が集まってきた。

 ルイジアナ最大の都市ニューオーリンズでは、巨大な山車が練り歩く有名なマルディグラが開催される時期だが、ここに集った人々はそちらを見向きもしない。彼らの関心の的は、ニワトリを追うことだ。(参考記事:「奴隷たちがつくり上げた反逆の祝祭」

「クリル・ド・マルディグラ」は、キリスト教の四旬節(復活祭前の40日間)に入る前日の「太った火曜日(肥沃な火曜日:マルディグラ)」に行われる祝祭の1つ。フランス系移民を祖先にもつ人々「ケイジャン」の伝統に根ざした祭りで、ルイジアナ州南部の多くの町で熱狂的な徒競走が催される。

 草原や湿地を駆け抜けるレースの起源は、中世のフランスにさかのぼる。当時は、貧しい人々がカプションという三角帽子と仮面で仮装して、食べ物と引き換えに熱のこもったパフォーマンスを披露していたという。(参考記事:「ハイチの祭り、創造力が爆発するカラフル仮装15点」

ギャラリー:独創的な仮装で走る祭り「クリル・ド・マルディグラ」 写真10点(写真クリックでギャラリーへ)
ケイジャンのクリル・ド・マルディグラは、中世フランスの伝統に起源がある。貧しい人々が、同じ地域の富裕な貴族をまねて凝ったデザインの服を身に着け、貴族を訪ねて食べ物をもらって歩いた。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE BANGSER)

 こうした伝統の衣装は、今も受け継がれている。そして、地域に深く根差したこの祭りを、クリスマスよりも大切な行事だと考える人は少なくない。旧フランス領の伝統的な謝肉祭の多くがそうだが、ケイジャンたちのマルディグラで大事なのは、楽しいいたずらをすることなのだ。

クリエイティブな無秩序

 クリル・ド・マルディグラは、よそ者や女性は参加できないところが多いが、「ファキティーグ・クリル・ド・マルディグラ」にはそうした制約がない。グラミー賞を取ったミュージシャンでありプロデューサーのジョエル・サボイ氏と、友人のミュージシャンのリンゼイ・ヤング氏が2006年に始めたこのマルディグラには、500~900人のお祭り好きが集まる。ユーニスの公式行事とは別物だ。このイベントは、ケイジャンの人々がお得意の「大いに楽しむ」が体現されている。(参考記事:「【動画】けが人続出!チーズ転がし祭り」

ギャラリー:独創的な仮装で走る祭り「クリル・ド・マルディグラ」 写真10点(写真クリックでギャラリーへ)
クリルの途中、ダンスに興じるマルディグラ。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE BANGSER)

 クリル・ド・マルディグラは盛大なパーティーのように見えるかもしれないが、気弱な人には向かない。目玉であるケイジャン式耐久レース(フィドルの演奏とダンスがしきりに披露される)では、参加者が何キロにもわたってふざけ回り、ペースも速い。参加する人は「マルディグラ」と呼ばれ、「ヘイ、マルディグラ! ハッピー・マルディグラ!」という陽気な挨拶が飛び交う。

「ケイジャンのマルディグラは権力構造をからかい、揺さぶり、世間の人々を楽しませようというものです」と話すのは、ケイジャン文化を研究する民俗学者のバリー・ジーン・アンスレット博士だ。「祭りが刺激となって、この日でなければ、あるいは仮面がなければありえないレベルの創造性が生まれることに、いつも驚かされます」

ギャラリー:独創的な仮装で走る祭り「クリル・ド・マルディグラ」 写真10点(写真クリックでギャラリーへ)
地元の人がフードトラック、バンドワゴン、そしてたっぷりのガンボを提供し、クリルの開催を手助けする。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE BANGSER)

次ページ:ニワトリを捕まえろ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ここでしか味わえない 非日常の世界!

予想を裏切る、驚きの瞬間!どのページにも、驚きと喜びが詰まっていて、刺激を与えてくれる。永久保存版の写真集。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:本体2,500円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ