Photo Stories撮影ストーリー

ボリビアの写真家マヌエル・セオアネ氏は、アイマラ族のステレオタイプでない日常を描こうと試みた。説明は最小限に抑え、それぞれの人の詳細は述べない。この女性の名前は、エバ・フメレスだ。(PHOTOGRAPH BY MANUEL SEOANE)

ボリビアの先住民、アイマラ族の日常 写真9点

2019.12.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南米ボリビアに暮らす先住民アイマラ族は、ロングスカートにショール、山高帽といった女性の民族衣装で有名だ。そんな彼らの、ステレオタイプではない、日常の姿を写真家がとらえた。

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=RACHEL HARTIGAN SHEA/写真=MANUEL SEOANE/訳=牧野建志

おすすめ関連書籍

Invisible Peoples 世界の少数民族

急速に均質化する世界で、なおも伝統を保つ少数民族の貴重な記録。今後、伝統が失われたり変容したりする前に、現在の姿を写真と文章で記録した。

定価:本体4,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ