Photo Stories 撮影ストーリー

すぐそばの半装軌車がドイツ軍の攻撃を受けて、逃げる米兵。熾烈を極めたバルジの戦いで、米軍は約1万9000人の死者を出した。(BRIDGEMAN IMAGES)

ヒトラー最後の賭け「バルジの戦い」 生存兵が語る地上の激戦

2019.12.29

 1944年12月、ドイツ軍は追い詰められていた。同年6月のノルマンディー上陸以降、連合軍はヨーロッパで快進撃を続け、ドイツ国境まであと一歩というところへ迫っていたが、その頃はもう何週間もヒトラーの軍と本格的な戦闘を交えていなかった。 (参考記事:「ナショジオのまとめ あの戦争を忘れない」

 ベルギーのアルデンヌの森で、仲間とともにいた米軍歩兵のクリス・カラワン氏は、道に迷ったと思われる2人のドイツ兵を捕らえた。そのうちのひとりは、ほぼ完璧な英語を話した。

「今すぐここを撤退した方が身のためだぞ」。そのドイツ人はカラワン氏に警告した。「お前らを海へ追い落とそうと準備中なんだ」

 カラワン氏らはこの警告を上官に伝えたが、取り合ってもらえなかったという。負け犬が大きな口を叩いているだけだと、鼻で笑われた。国境の向こうの森で機械音が鳴り響いていたが、それは第三帝国(ナチス・ドイツ)が退却する音であり、ヒトラーはもう終わったと考えていたのだ。 (参考記事:「ナチスによる原爆開発はこうして阻止された」

ギャラリー:退役軍人 ナチスとの激戦、バルジの戦いを語る 写真17点(画像クリックでギャラリーへ)
火の手を上げる米軍車両の横を徒歩で通り過ぎるドイツ歩兵。ドイツ軍は、しばしば手に入れた連合軍の戦車を車列の先頭に置き、連合軍を混乱させていた。(ASSOCIATED PRESS)

 そして迎えた12月16日の朝のこと。

「まず、強烈な迫撃砲弾の雨が降ってきました」。カラワン氏はそう振り返る。木々の向こうに隠されていた1900台の迫撃砲による猛攻撃が、90分間続いたという。

1944年12月25日から1945年1月31日まで、バルジの戦いの進展を描いた米国陸軍の公式地図。(CREDIT: MATTHEW W. CHWASTYK, NGM STAFF. SOURCE: LIBRARY OF CONGRESS)

「第2次世界大戦のなかでも、最も激しい集中砲火だったと思います」と語るのは、75年前に起こったバルジの戦いを記録した『The Longest Winter(最も長い冬)』の著者アレックス・カーショウ氏だ。「大地を揺るがす、衝撃的な戦いでした」

 今年94歳になったカラワン氏は、米サウスカロライナ州コロンビアにある自宅のソファーに座り、反対側に座る74歳の妻アルマさんへ向かって小さく微笑んだ。しかし、その時カラワン氏の目に映っていたのは、20歳のあの日に目にした光景だったのだろう。近代戦上、最大規模の激戦を前にして、若い兵士は恐怖に打ち震えていただろう。

左:冬支度も不十分なままドイツ軍の攻撃を受け、ありったけの布をかき集めて重ね着する米兵。(BRIDGEMAN IMAGES)
右:1944年12月17日、まだ奇襲攻撃の成功に望みをかけて、破壊された米軍のM3半装軌車の横で身を隠すドイツ武装親衛隊。(AKG-IMAGES / INTERFOTO)

「その次は、機関銃掃射の嵐です。ヒトラーの全軍が一斉に森から飛び出してきたように感じました」

左:戦闘歩兵記章を誇らしげに胸に着けた20歳のバーノン・ブラントリー氏。(PHOTOGRAPH COURTESY VERNON BRANTLEY)
右:ブラントリー氏を含め、バルジの戦いを経験した退役軍人の多くは、進んでその体験を語ろうとはしなかった。(PHOTOGRAPH BY STACY PEARSALL, NATIONAL GEOGRAPHIC)

次ページ:起死回生を狙ったナチスの奇策とは?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

20世紀

激動の20世紀を特色づける107の出来事を、1500点の写真とテキストで完全解説。1つの出来事を、見開きページで、絵コンテ形式でわかりやすく紹介。20世紀発展の原動力となった航空機、音楽、医療など、象徴的な10のテーマを ピックアップ。

定価:本体4,600円+税

Photo Stories 一覧へ