Photo Stories撮影ストーリー

スイスでは、ネコの幸せのためには、外出は不可欠だと考えられており、飼い主が建物の外壁などにネコ用のはしごやスロープを設置している。一方、鳥などの野生生物を守るため、ネコは室内のみで飼うべきだという考え方が広がっている。(PHOTOGRAPH BY BRIGITTE SCHUSTER)

ネコの自由を重んじる国スイスで見つけた「ネコ専用はしご」 写真12点

2020.01.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スイスはネコにとって最高の国かもしれない。

 ネコの自由と自主性が重んじられ、何より、ネコのための建造物まである。ネコが気ままに出入りできるようアパートの外壁に設けられた、特製のはしごだ。

 建築を愛するドイツの写真家ブリジット・シュスター氏はスイスの首都ベルンでこうしたはしごを記録し、「Swiss Cat Ladders(スイスのネコ用はしご)」という一冊の本にまとめた。

「ベルンに引っ越してきたとき、とても驚きました」とシュスター氏は振り返る。「飼い主がネコを大切にしている証拠だと思います。私たちはネコに自由を与え、同時に飼い主としての自由も享受しています。ネコが帰宅したときに、飼い主が自宅にいなくてもよいですからね」

ギャラリー:ネコの自由を重んじる国スイスで発見、ネコ専用はしご 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
ネコたちが地面と上階を行き来できるよう、はしごが設置されている。(PHOTOGRAPH BY BRIGITTE SCHUSTER)

 ネコのはしごはヨーロッパ全域で見られるが、スイスは特に多い。ネコはスイスで最も一般的なペットで、約150万匹が飼われているという。国民の約3分の2が賃貸住宅で暮らしており、家主がイヌよりネコを受け入れることが多いという背景もある。

 シュスター氏の隣人サビーナ・マエダー氏は、17歳になる茶色のしまネコ、バスキーを飼っている。マエダー氏はネコのはしごについて、ネコの行動だけでなくスイス人の価値観も反映していると語る。

「私たちスイス人は自由と自主性を愛しています。私たち自身はもちろん、私たちの国で私たちと暮らすすべての生き物が自由と自主性を享受すべきだと思います」(参考記事:「世界の街ネコを旅する 写真15点」

窓から外出

 金属製のはしごもあれば、木製のはしごもある。さまざまな素材を継ぎ合わせてつくることもできるし、オンラインショップやペットショップでは、プレハブ式のキットも売られている。ネコ用はしごの設計施工を専門とする大工もいる。

 マエダー氏は15年前、アパートの1階から上階に引っ越したとき、ネコのはしごを自作した。

「上階に引っ越したとき、私が飼っているネコは外出できなくなりました」とマエダー氏は話す。「裏側のバルコニーとクリの木が2メートルしか離れていないため、エレガントなはしごをつくって渡すことにしました」

 構造はシンプルな木製スロープで、2階のバルコニーと目の前の木が結ばれている。ネコは窓からバルコニーに出て、スロープを渡った後、木から庭のフェンスに飛び移り、地面に飛び降りられると、マエダー氏は説明する。(参考記事:「外へ出たネコはどこへ行くのか?」

参考動画:ネコはどこまで出掛けているのか?
飼いネコにGPSを装着し、屋外での行動を追跡した2014年の研究で、面白い事実がいくつか判明した。ほとんどの飼いネコは近所で過ごしていたが、飼い主が驚くほど遠くまで出掛けているネコもいた。(解説は英語です)

 玄関の扉にもネコ用出入り口が設置されており、バスキーはアパート内の通路やほかの部屋に行くことができる(バスキーのガールフレンドは上階にいる)。シュスター氏によれば、隣人同士で互いのはしごをつなぐことも珍しくなく、近所のネコが窓から訪ねてくることもあるという。

次ページ:野生生物にとっては脅威?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

復刻版 ネコの本

500ページめくっても、めくってもネコ!気まぐれだけれど天真爛漫、そんなネコの魅力を余すところなく伝える、ネコ好きにはたまらない1冊です。

定価:本体2,900円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ