Photo Stories撮影ストーリー

フィレンツェの狭い裏通りを歩くバルテー・コンティさん。1990年からレオナルド・ダ・ヴィンチの再現役者をやっている。言葉を発することなく匿名で演じられる再現役者が、自分には合っていると語る。(PHOTOGRAPH BY PAOLO WOODS AND GABRIELE GALIMBERTI)

ダ・ヴィンチとフィレンツェ  没後500年、天才とその芸術を再現する役者たち

2019.06.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 古いものと新しいものが混在するイタリアの古都フィレンツェ。数百年前の石畳の通りを電気自動車が走り抜け、この街で一番古いヴェッキオ橋では、陶磁器を売る屋台の横で売り子がスマートホンでメールを打つ。(参考記事:「2014年2月号 ルネサンスの奇跡 フィレンツェ「花の大聖堂」」

 だがそのフィレンツェでも、突然目の前でレオナルド・ダ・ヴィンチの像がスマホを確認したり、モナ・リザが額縁から乗り出してリンゴジュースを飲み出したりすれば、誰でもギョッとするだろう。

 その正体は、ルネサンスの再現役者バルテー・コンティさん(58歳)と、その娘のエレナ・ピノリさん(47歳)だ。2人は、イタリアが誇る偉大な画家と、その最も有名な絵のモデルに扮装して、フィレンツェの街角に立っている。(参考記事:「天才ダ・ヴィンチの世界に触れる、英王室コレクション 写真11点」

ギャラリー:ダ・ヴィンチ像が歩く街  没後500年、天才とその芸術を再現する役者たち 6点(写真クリックでギャラリーページへ)
フィレンツェのカフェ・リヴォワールで、エスプレッソを飲みながら足を休めるコンティさん。身に着けている衣装は、ウフィツィ美術館の前に立つ19世紀のダ・ヴィンチ像を再現している。(PHOTOGRAPH BY PAOLO WOODS AND GABRIELE GALIMBERTI)

 いわゆる「彫像芸」、2人はスタチュー・パフォーマーだ。コンティさんは、週に3日以上、レオナルド像になりきる。そのため、2時間かけて準備する。フィレンツェにあるウフィツィ美術館の前に立つ銅像をモデルにして、白いローブにベレー帽を着け、まぶたや唇まで分厚くおしろいを塗る。肩にかかる髪と波打つ髭は綿で作られ、アクリル絵の具で白く色づけした。ちなみに、親子なのに、年の差わずか11歳なのは直接的な血のつながりがないからだ。ピノリさんは、コンティさんの結婚相手の連れ子だ。

「ラ・ジョコンダ」に扮装するピノリさんも、コンティさんと同じくらいの時間をかける(「ラ・ジョコンダ」は、モナ・リザの別名。イタリア語でフランチェスコ・デル・ジョコンドの妻という意味がある。この女性が、モナ・リザのモデルになったと広く考えられているためだ)。レオナルドの芸術性を再現するには特別な能力と忍耐力がなければならないと、ピノリさんは言う。彼の絵画は、輪郭をぼかしたスフマートと呼ばれる特殊な技法で描かれているが、それによって生み出されるこの世のものとは思えない美しさは、実際の顔で真似ようとしても簡単にできるものではない。(参考記事:「2012年2月号 美しき姫君の秘密」

裏通りの倉庫で、蛍光灯の明かりのなか、顔を白く塗るコンティさん。レオナルドに扮装するのに、2時間かかるという。(PHOTOGRAPH BY PAOLO WOODS)
コンティさんの娘のエレナ・ピノリさんは、レオナルドの代表的な絵画「モナ・リザ」に扮装するために、メークをマスターした。イタリアでは、モナ・リザは「ラ・ジョコンダ」と呼ばれている。(PHOTOGRAPH BY PAOLO WOODS)

 コンティさんはひとりで仕事をすることが多いが、ピノリさんが加わったほうが面白くなるという。あまりにも本物の銅像らしい2人が一緒にフィレンツェの街角に立つと、ドッキリ効果も倍増する。ある日、コンティさんが姿勢を直そうと体を動かすと、そばにいたフランス人観光客は驚いて後ずさりし、つまずいて転んでしまった。心配して駆け寄ったコンティさんだったが、それが事態を一層悪くした。観光客の女性は、恐ろしさのあまりほとんど口をきくこともできなかったという。「2019年にレオナルドがタイムトリップした? 天才とは聞いていたが、まさかそこまでだったとは」と思ったのだろうか。

 コンティさんとピノリさんの仕事はじっと動かないことだ。相当な持久力が求められる。衣装とメークアップをつけて6~8時間静止したままの姿勢はかなりつらい。夏の暑い日には、息苦しさを覚えることもある。唇には分厚いおしろいが塗られているので話がしにくいし、話せばそのたびに崩れたメークを直さなければならない。ピノリさんは、常にリラックスした状態で、謎の微笑みとさまよう視線を顔に貼り付け、そのほかの感情を決して見せてはならない。「これがとても難しいんです」とピノリさんは話す。

次ページ:モナ・リザの微笑を間近に見られる

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル ダ・ヴィンチ全記録

ダ・ヴィンチの主要全作品、素描などの図版を合計230点以上収録!本書は、この奇跡的な時代を振り返り、絵画、彫刻、建築、解剖学、軍事技術などあらゆる分野で発揮されたダ・ヴィンチの天才ぶりをあますところなく伝えるビジュアル書籍です。

定価:本体2,800円+税

おすすめ関連書籍

2019年5月号

レオナルド・ダ・ヴィンチ 色あせない才能/小さなプラスチック、大きな問題/よみがえる野生の鼓動/前人未踏の巨大洞窟へ

5月号のイチオシは没後500年を迎えた天才レオナルド・ダ・ヴィンチの38ページにわたる大特集。彼の作品や素描、科学への好奇心をたっぷり紹介します。このほか海のプラスチック問題やボルネオ島の巨大洞窟を特集、池上彰氏による特別寄稿「さよなら、平成ニッポン」も掲載しています。

定価:本体1,028円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ