Photo Stories撮影ストーリー

ウクライナ、キエフの郊外で開催されたサマーキャンプLIDERで、ガスマスクの付け方を教わるエレーナ・シェベルちゃん(10歳)。(PHOTOGRAPH BY DIEGO IBARRA SÁNCHEZ)

戦闘を学ぶウクライナの子供たち、写真14点

2019.03.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 紛争で引き裂かれた国の子供たちは、まともな教育を受けることができない。学校は爆撃によって破壊されたり、軍事拠点に変えられてしまったりする。地雷を踏んだり、交戦に巻き込まれたりするのを恐れて、生徒も教師も家にこもっている。安全地帯であるはずの学び舎が、標的にされてしまうのだ。(参考記事:「世界の紛争地帯はいま」

 写真家のディエゴ・イバラ・サンチェス氏は10年近く前から、紛争がどのように学問を妨げ、学問に介入するかを見てきた。「本来、教育は前進するための手段、国を建設あるいは再建するための手段です。学術機関がその役割を果たすことができなかったら、本来の目的はどうなるのでしょう?」

【ギャラリー】戦闘を学ぶウクライナの子供たち、写真14点(画像クリックでギャラリーページへ)
ドネツク人民共和国(ウクライナ東部の分離独立派が建国し、国家を自称)ニキシノの学校に立つニキータ君(12歳)。この学校は2014年に爆撃され、現在は使われていない。(PHOTOGRAPH BY DIEGO IBARRA SÁNCHEZ)

 パキスタンやシリア、イラク、レバノン、コロンビアでこの問いを追求した後、イバラ・サンチェス氏はウクライナ東部のドンバス地域に目を向けた。ドンバス地域では2014年から、ロシア政府が支援する分離独立派とウクライナ支持派による戦闘が続いており、ナショナリズムの感情が増幅している。そしてそのことが、教育と学生たちに大きな混乱をもたらしている。(参考記事:「写真家がとらえた、難民の子どもたちと眠り」

 何カ月も、何年も授業が行われない状況では、学習はどんどん遅れていき、将来を脅かされることになると、イバラ・サンチェス氏は話す。たとえ紛争地帯で学校に通うことができても、実権を握る勢力の意向を反映するため、カリキュラムが変更されている場合がある。

【ギャラリー】戦闘を学ぶウクライナの子供たち、写真14点(画像クリックでギャラリーページへ)
ドネツク人民共和国のザイツェボで暮らすマリナちゃん(12歳)。武装勢力が元の学校を使用しているため、マリナちゃんは現在、別の村の学校に通っている。(PHOTOGRAPH BY DIEGO IBARRA SÁNCHEZ)
ウクライナ、スベトロダースカヤの学校で授業を受ける生徒たち。この学校は前線にあり、何度か攻撃を受けている。(PHOTOGRAPH BY DIEGO IBARRA SÁNCHEZ)

 イバラ・サンチェス氏はドンバス地域で、若者に愛国心を教える組織を写真に記録した。これらの組織は戦闘で生き残る方法や武器の使い方だけでなく、「“相手”を憎む方法、隣人から身を守る方法、国のために必要であれば殺す方法」まで訓練している。(参考記事:「クリミア半島、“紛争膠着”化の恐れ」

 首都キエフの郊外で6〜17歳を対象に開催されたLIDERというサマーキャンプでは、起床後すぐに国旗掲揚式が行われていた。子供たちはそこで国歌を聞き、その後、さまざまな軍事演習に参加する。子供たちが学ぶのは、塹壕(ざんごう)をほふく前進する方法、ガスマスクの付け方、自動小銃を組み立て、分解する方法、射撃などだ。イバラ・サンチェス氏によれば、子供たちは絶えず反ロシア的、サバイバリスト(生存主義者)的な美辞麗句を聞かされていたという。(参考記事:「軍用のイルカ・アシカ、水中探索に活用」

次ページ:子供たちに3つの質問をし、ノートに書き込んでもらった

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

レッド・アトラス

恐るべきソ連の世界地図

冷戦時代に、ソ連はとてつもなく詳細な世界地図を作っていた!いまだ秘されたままの地図の制作過程と意図を読み解いていく。日本版には特別に、ソ連製地図の東京(1966年版)を抜粋収録!

定価:本体2,350円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ