Photo Stories 撮影ストーリー

ヒンドゥー教徒の巡礼者が、泥火山の急な山腹を登り、火口にココナツを投げ入れる。神々に感謝し、願い事をするための儀式だ。(VIDEO BY MATTHIEU PALEY AND MUHAMMAD YASIR BALOCH)(PHOTOGRAPH BY MATTHIEU PALEY, NATIONAL GEOGRAPHIC)

ムスリムの国のヒンドゥー教徒、泥火山の聖地巡礼 写真28点

2019.01.19

 パキスタン西部バローチスターン州の吹きさらしの丘は、いくつもの帝国の盛衰を目撃してきた。

 東洋と西洋を結ぶ古い交易路に位置し、ヒンドゥー教徒、ゾロアスター教徒、そしてイスラム神秘主義スーフィズムの遺産がたくさんある。アラビア海に沿って何百キロにも広がる別世界のような海岸は、神の住まいと考えられているのだ。

 毎年春には、4万人を超える人々がこのモノクロームの土地に詰めかけ、女神サティーを礼拝し、一連の儀式を行って自分たちの罪を洗い清める。イスラム教徒が大多数の国で最大のヒンドゥー教の巡礼、「ヒングラージ・ヤトラ(Hinglaj Yatra)」だ。(参考記事:「インド、光の祭り「ディワリ」のまばゆい写真20点」

【動画】巡礼の旅をするパキスタンのヒンドゥー教徒。(Video by Matthieu Paley and Muhammad Yasir Baloch)

 ヒングラージの起源は、悲しい恋の物語だ。伝説によると、女神サティーは父の希望に逆らって破壊の神シヴァと結婚した。言うことを聞かない娘を罰するため、父親は婿を神聖な儀式に招待しなかった。この仕打ちに屈辱を感じたサティーは、儀式のための焚火の中に自ら飛び込んで命を絶った。シヴァはサティーのなきがらを抱いて踊り、その悲嘆が世界を破滅させそうになったため、他の神々が遺骸を切り刻んでシヴァの不気味な舞踏をやめさせた。サティーの体は51個のかけらになって地面に落ち、現在のインド、パキスタン、西ベンガル、ネパール、スリランカ、そしてバングラデシュに散らばった。

 これらの場所を示す神殿は、女神を仰ぎ、彼女の祝福を求めるヤトリー(巡礼者)たちの聖地になった。歴史上、ヒングラージへのつらい旅を成し遂げられた人はほとんどいなかった。サティーの頭が落ちたとされる地への道のりは、砂漠を250キロ以上にわたって横断する過酷なものだからだ。しかし近年、新しいインフラのおかげで、これまでにない数の巡礼者が聖地に入れるようになった。何世紀にもわたる儀式も様相を変えつつある。(参考記事:「携帯で変わるパキスタンの伝統社会、写真21点」

ギャラリー:ムスリムの国のヒンドゥー聖地巡礼、写真28点(画像クリックでギャラリーページへ)
ヒンゴル国立公園にある本殿の周辺で巡礼者が沐浴し、休息を取っている。「火山周辺の地域は信じられないほど荒涼とした風景です。月面にいるようなものです」とパレイ氏。「水が流れる川を見ると宗教心が引き付けられるので、巡礼者たちはここで泳ぎ、互いに神の加護を祈ります」(PHOTOGRAPH BY MATTHIEU PALEY, NATIONAL GEOGRAPHIC)

女神をたたえる

 伝統的に、巡礼の道は徒歩でたどるものだった。肉体的な苦痛が、魂を清めるための苦行になったからだ。「砂漠の猛烈な暑さの中を歩くとき、巡礼者の罪はすべて燃え尽きます。巡礼者は浄化され、心が清らかな状態で女神の前に立つことができるのです」。ドイツ、ハイデルベルク大学南アジア研究所の助教ユルゲン・シャフレヒナー氏はこう説明する。氏は『ヒングラージ・デービー:パキスタンのヒンドゥー寺院におけるアイデンティティ、変化、そして結束』の著者だ。

 多くの人々にとって、まさに危険な旅路だったが、2004年にパキスタンのマクラン海岸高速道路が完成すると、かつて遠く離れていた地域が結ばれ、信者が車で直接、聖地へ行けるようになった。過去15年間で交通量は飛躍的に増え、巡礼者の旅も変化した。(参考記事:「圧倒される美しさ、パキスタンの絶景 写真8点」

ギャラリー:ムスリムの国のヒンドゥー聖地巡礼、写真28点(画像クリックでギャラリーページへ)
ある巡礼者が猛暑で気を失った。巡礼の中で経験する身体的な苦労は、信者にとっては女神に近づく前に罪を清める意味がある。(PHOTOGRAPH BY MATTHIEU PALEY, NATIONAL GEOGRAPHIC)

「本来は歩くべきだということには誰もが同意します。しかし、みんな時間がありません」と話すのは、昨年の春に巡礼を記録した写真家、マチュー・パレイ氏だ。「世界はもう現代になってしまっています。人々は巡礼に何カ月も費やせません。でも、1週間なら可能かもしれません。本来の巡礼とは違うとみんな分かっていますが、しないよりは良いのです」(参考記事:「パキスタン 辺境の地で」

 植民地時代でさえ、船やラクダ、ロバで旅した人は、砂漠を歩き通した人に比べて「純粋さ」が足りないとみなされた。「非常に多くの人が旅行者としてただ来るだけになって、神殿の精神的価値が下がったと、巡礼者たちは言っています」とシャフレヒナー氏は説明する。

 一方、国道は徒歩のならわしを復活させる後押しにもなった。道に迷ったり水が尽きたりする心配がないなら、肉体的・精神的な困難を受け入れようという人々も増えたからだ。

「火山周辺の地域は信じられないほど荒涼とした風景です。月面にいるようなものです」とパレイ氏。

次ページ:巡礼の儀式とクライマックス

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の美しい聖地

不思議な力を持つ聖なる場所を、美しい大判写真で巡礼。

定価:本体1,800円+税

Photo Stories 一覧へ