Photo Stories撮影ストーリー

カリフォルニア州のマンザナ転住センター(収容所)で、父方の祖父トラゾウ・サカウエの背中におぶさるウォルター・ヨシハル・サカウエ。トラゾウ・サカウエは67歳のときに収容所内で亡くなった。ウォルター・サカウエのおじは第二次大戦で戦死している。(PHOTOGRAPH BY DOROTHEA LANGE, NATIONAL ARCHIVES)

強制収容された日系米国人の生涯を追う写真家 写真12点

2018.10.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 話を聞かせてほしいと頼んだとき、母親は嫌だといった。父親とおばは当時のことを話してくれたが、個人的なことには口をつぐんだ。写真家のポール・キタガキ・ジュニアは、第二次世界大戦中に強制収容所に連行された日系米国人の生涯を記録したいと考え、当時と現在の写真を並べた大規模な作品群としてまとめる計画を立てた。しかしそのスタートは、順調と言うにはほど遠いものだった。

【ギャラリー】日系人たちの昔と今 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
【ギャラリー】日系人たちの昔と今 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
2017年、テキサス州の自宅で撮影に応じたウォルター・ヨシハル・サカウエ。歴史は繰り返すだろうかと問われると、サカウエはこう答えた。「今ならああはいかないと思います。市民の暴動が起こるでしょう」(PHOTOGRAPH BY PAUL KITAGAKI, JR.)

「このプロジェクトが好きで続けてきました」。カリフォルニアのサクラメント・ビー紙のフォトジャーナリストでもある64歳のキタガキはそう語る。「私は、この先長く残っていく作品を創りたいのです。日系米国人を強制収容したことは非常に重要なアメリカ史の一部です」

 真珠湾攻撃から2カ月後の1942年2月、日系米国人12万人の強制収容が行われるきっかけとなった大統領令9066号が発令された。収容された日系人たちの姿は、ドロシア・ラングやアンセル・アダムズといった著名写真家の作品の中に残っている。キタガキはこれまで13年間にわたり、写真の被写体となった人々を探し出し、彼らの写真を撮り、話を聞くという作業を続けてきた。

【ギャラリー】日系人たちの昔と今 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
1942年、カリフォルニア州の戦時民間管理局で出発を待つ写真家ポール・キタガキ・ジュニアの家族。祖母のジュキ・キタガキ(左に座っている女性)が、一家の友人だったドロシー・ハイタワーに話しかけ、おばのキミコ(中央左)が教会のパンフレットを受け取っている。その横には祖父のスエマツ・キタガキ(中央右)と父キヨシ(右)が座る。 (PHOTOGRAPH BY DOROTHEA LANGE, UNITED STATES NATIONAL ARCHIVES AND RECORDS ADMINISTRATION)
1942年、カリフォルニア州の戦時民間管理局で出発を待つ写真家ポール・キタガキ・ジュニアの家族。祖母のジュキ・キタガキ(左に座っている女性)が、一家の友人だったドロシー・ハイタワーに話しかけ、おばのキミコ(中央左)が教会のパンフレットを受け取っている。その横には祖父のスエマツ・キタガキ(中央右)と父キヨシ(右)が座る。 (PHOTOGRAPH BY DOROTHEA LANGE, UNITED STATES NATIONAL ARCHIVES AND RECORDS ADMINISTRATION)
当時の建物を再訪して写真に収まるキミコ・キタガキ・ウォンとポール・キヨシ・キタガキ(ポール・キタガキ・ジュニアの父親)。ふたりの父親であるスエマツは、1904年、27歳のときに米国にやってきた。キヨシは収容所を出てアイオワ州の高等学校を卒業し、1946年に米軍に入隊した。彼はその後、カリフォルニア州サンフランシスコで高校の教師になった。(PHOTOGRAPH BY PAUL KITAGAKI, JR.)
当時の建物を再訪して写真に収まるキミコ・キタガキ・ウォンとポール・キヨシ・キタガキ(ポール・キタガキ・ジュニアの父親)。ふたりの父親であるスエマツは、1904年、27歳のときに米国にやってきた。キヨシは収容所を出てアイオワ州の高等学校を卒業し、1946年に米軍に入隊した。彼はその後、カリフォルニア州サンフランシスコで高校の教師になった。(PHOTOGRAPH BY PAUL KITAGAKI, JR.)

 そうした人探しには、オリンピック、地震、スーパーボウル、山火事、サダム・フセイン時代のイラクの取材など、キタガキがこれまでのキャリアにおいて経験してきたものとは異なる類のプレッシャーが伴う。

「人探しは今も続いています。ただ多くは80代から90代ですから、じきに会えなくなってしまうでしょう」

 キタガキが撮影した写真は本誌2018年10月号にも掲載されており、また現在、彼の作品の展覧会が全米各地を巡回して行われている。展示の内容は、戦時中および現代に撮影された60組の肖像写真で、新しい方の写真の多くは、 70年前に撮影された当時と同じ場所で撮られている。2019年初旬には書籍も刊行される予定だ。(参考記事:「「転住」だと思われた米国日系人の強制収容」

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー:強制収容された日系米国人の昔と今 写真あと8点

文=PATRICIA YOLLIN/訳=北村京子

おすすめ関連書籍

2018年10月号

アマゾンの孤立部族/魅惑のクラゲ/伝統を捨てる遊牧民/ハヤブサを守る/強制収容された日系人

特集「アマゾンの孤立部族」は消滅の危機に立たされた部族についてのレポートです。このほか「魅惑のクラゲ」、米国の消せない過ちを描いた「強制収容された日系人」など、今月も充実の特集をお楽しみください!

定価:1,131円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ