Photo Stories撮影ストーリー

ヨーロッパ中を旅して回る、小さなサーカス一座「レ・ペシャール・デ・レーブ」。所有するトレーラーの前でカメラに向かって。(PHOTOGRAPH BY STEPHANIE GENGOTTI)

ヨーロッパ中を旅するサーカス一家、愛すべき日常に密着 写真24点

2018.07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ローヌ川の穏やかな川面に木漏れ日がさす。桟橋に立つ少年の目は、頭上に浮かぶ3個のオレンジに注がれている。

 写真家のステファニー・ゲンゴッティ氏は、ヨーロッパ各地を巡業する小さなサーカス団に密着し、夢の世界とありふれた日常をともにとらえ、「サーカス・ラブ」という写真シリーズにまとめた。(参考記事:「ベトナムの古参サーカス団、舞台裏の表情」

【ギャラリー】旅するサーカス一家 写真24点(写真クリックでギャラリーページへ)
レ・ペシャール・デ・レーブ / ゾラン君とジアちゃんは、両親についてヨーロッパ中の祭りや公演を旅して回る。(PHOTOGRAPH BY STEPHANIE GENGOTTI)

 ゲンゴッティ氏は、2016年に馬車で巡業するフランスのサーカス団「シルク・ビドン」を取材したのがきっかけで、ヌーボー・シルク(新しいサーカス)の世界に出会った。トラやゾウなどの動物を使わない公演スタイルに移りゆく、こうした現代サーカスのなかで、最大かつ最もよく知られているのが、サーカス団シルク・ドゥ・ソレイユである。ドラマ、アクロバット、アート、ダンスを組み合わせた、人間の演技が中心のサーカスだ。(参考記事:「大スターのゾウは休憩中」

「サーカスと言えば、幼いころに見た、動物などが出てくる昔ながらの印象を抱いていましたが、ヌーボー・シルクに出会った時、別の惑星に来たような気分になりました」(参考記事:「国慶節を祝うライオンの馬乗り」

 シルク・ビドンの取材で好奇心をかきたてられたゲンゴッティ氏は、サーカスの家族と一緒に旅をするというのはどんなものだろうと思い始めた。そこで、ヨーロッパ各地を巡業する3家族のサーカス団に密着し、各家族と10日間ずつ共に旅しながら、あらゆる生活の側面を体験してみることにした。

「できるだけ家族の一員として暮らそうと努めました」

【ギャラリー】旅するサーカス一家 写真24点(写真クリックでギャラリーページへ)
レ・ペシャール・デ・レーブ / フランス、アヴィニョンでの舞台を終え、楽屋でキスするフローレンスさんとビンセントさん。
ブルネット・ブラザーズ / イタリア各地のサーカス祭りを巡業するマリアさんと息子のマリウス君。(PHOTOGRAPH BY STEPHANIE GENGOTTI)

 料理や掃除、チラシ配り、子どもの世話も手伝った。こうして撮影した写真は、サーカスの公演そのものよりも、彼らの日常生活に焦点を当てたものとなっている。一緒に過ごすうちに、サーカス一座の暮らしにますます惹かれていった。彼らの時はゆっくりと流れる。高度な情報化によって日常のすべてが支配されるようになる以前の生活が、ここにはあった。「詩的な魅力をすべて失ってしまった社会」の中で、ちょっと変わったオアシスのような場所だったという。

「ローマの自宅では朝起きてすぐに活動を始め、夜まで休むことがありません。サーカスでは、時間が経つのがとてもゆっくりです。1日は本当に1日分きっちりあるのだと実感します」

【ギャラリー】旅するサーカス一家 写真24点(写真クリックでギャラリーページへ)
レ・ペシャール・デ・レーブ / 本番前、ピエロの衣装を着るフローレンスさんとビンセントさん。(PHOTOGRAPH BY STEPHANIE GENGOTTI)

 桟橋の子どもたちを撮影したのは、レ・ペシャール・デ・レーブ(フランス語で『夢の漁師』という意味)という小さな一座と旅していた時だった。一座を率いるフランス人のビンセント・ドゥシュミットさんと妻のフローレンスさんは、20年間ともに巡業を続けている。

 夫妻の子どもで10歳のゾラン君と13歳のジアちゃんは、舞台には立たないが、学校が許す限り両親の巡業の旅についていくという。フローレンスさんは、ふたりともサーカスの芸を学び始めていると話す。(参考記事:「中国の歌劇団」

 家族は、母親を中心に強い絆で結ばれている。「妻が上司で、私も上司。どちらが上ということはありません」と、ビンセントさんは言う。

 レ・ペシャール・デ・レーブが今やっている公演は、ビンセントさんとフローレンスさんの夫婦関係をモデルにしたピエロの恋物語だ。セリフはなく、コメディタッチの寸劇とアクロバット演技が続き、最後は恋人同士のタンゴで幕を閉じる。フローレンスさんは、自分たちの演技スタイルを「目で見る詩」と表現する。(参考記事:「サーカスのピエロ、サウスカロライナ」

「セリフを一切入れずに本物の物語を作るのには、時間がかかります。最初から最後まで興味を失わせることなく、しかも話の筋が通っていなくてはなりません」

ブルネット・ブラザーズ / ピエロショーの後、写真撮影をするブルネット・ブラザーズのマヌーさん、リサさん、ルカさん、マリアさん。(PHOTOGRAPH BY STEPHANIE GENGOTTI)

 フローレンスさんは、ゲンゴッティ氏の写真を見ると、フランスの田舎町で公演した幸せな夏を思い出すという。

「彼女の目を通して自分たちを見るのは、とても興味深かったです。アヴィニョンの太陽の下で、彼女がとらえた私たちの姿をね」

 ゲンゴッティ氏は、この夏もシルク・ビドンの巡業に密着する予定だ。サーカスの生活から普段の生活に戻るたびに、またサーカスに行きたくてたまらなくなるという。

「自分で選んだ家族の一員になるという考えが好きです。そして自由を感じます。会社のために働く必要もなく、上司の世話にもならない。“自分たちの生活は自分たちのもの”、という生き方です」

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー:ヨーロッパ中を旅するサーカス一家の日常 あと17点

文=Abby Sewell/写真=Stephanie Gengotti/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ