Photo Stories 撮影ストーリー

カリフォルニア州サンディエゴ郡、カンポとポトレロ付近を焼く「ボーダー・ファイア(Border Fire)」の火。2016年6月22日撮影。この時点で約2600ヘクタールが焼け、消火範囲は15%だった。(PHOTOGRAPH BY STUART PALLEY)

現場に突入、消防士だから撮れた山火事の内側 写真18点

2017.09.08

 米カリフォルニア州で育った写真家のスチュアート・ペリー氏にとって、山火事は当たり前の存在だが、魅了される現象でもある。そのキャリアを通じて、山火事への熱が冷めたことはない。

 ペリー氏はこの5年間、カリフォルニア州南部に拠点を置き、州内の山火事をカメラに収めてきた。オレンジ郡からヨセミテまで足を運び、目を奪う瞬間を切り取っている。(参考記事:「【動画】炎上する大地、衝撃の山火事タイムラプス」

 2017年はカリフォルニア州の至る所で山火事が頻発し、広大な土地が焼け野原と化しているため、ペリー氏にとっては撮影の機会が山ほどある。「冬の降水量が多かったので火災活動は弱まるかと思いましたが、草や、キクイムシにやられた枯れ木はやはり燃えてしまいます」と、ペリー氏。(参考記事:「北米の針葉樹林で雷による山火事が増加、より北へ」

2016年6月23日、サンディエゴ郡の山火事「ボーダー・ファイア」の現場で、チェーンソー、斧、手斧を手に低木などを焼き払う消防隊。「メイン・ファイア(火の本体)」がここまで届いたときに、燃え広がらないようにするためだ。(PHOTOGRAPH BY STUART PALLEY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 迫力のある山火事の写真を撮ろうとしても、現場に近づくのが難しいこともある。特別な資格のあるメディアしか火災現場に立ち入れないからだ。しかしペリー氏は、そうやって現場に入れてさえ不十分な場合があると話す。「消防士たちと山を歩き回るんです。それには時間も経験も必要ですが」

 実際のところ、ペリー氏は火の中に入るのに適した珍しい人材なのだ。火災に関心を持つ写真家というだけでなく、資格を持つ林野消防士として基本的な技能を身につけている。おかげで消防隊は、ペリー氏が一緒に突入してもその安全を心配する必要はない。

 専門的な技術に加え、火災の撮影には予備の機器を必ず用意しておくことも欠かせない。ペリー氏の溶けたレンズや、壊れたカメラの部品がその証拠だ。「一般的な防塵防滴性能では、火によるダメージを防げません」

2015年6月19日金曜日、サンバーナディーノ国立森林公園で「レーク・ファイア(Lake Fire)」が燃える。この日の夕方時点で火の手はおよそ5300ヘクタールに広がり、消火できたのは10%だった。(PHOTOGRAPH BY STUART PALLEY)
[画像をタップでギャラリー表示]
「エティワンダ・ファイア(Etiwanda Fire)」の残り火が、焼け残った木々から舞い飛ぶ。2014年4月30日、カリフォルニア州ランチョクカモンガ付近にて。サンタ・アナの熱い風が、秒速40メートルを超す突風を引き起こした。(PHOTOGRAPH BY STUART PALLEY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 カリフォルニアの山火事には個人的な思い入れがあるペリー氏だが、これら自然災害に関しては一歩引いた視点からとらえている。人間と環境の、問題をはらんだ関係の象徴と見ているという。(参考記事:「山火事の煙害が広域化、死者は年間34万」

「山火事は生態系の健全さと維持に不可欠です」とペリー氏。「それなのに、我々は火災を抑制しすぎて、今や燃料になるものが大量にはびこっている状態です」(参考記事:「カリフォルニア山火事、95%は人為的」

2015年7月30日、「ロッキー・ファイア(Rocky Fire)」はカリフォルニア州クリアレークの街付近で夜通し燃え続けた。暑さと乾燥により火の勢いは夜も衰えず、住宅を脅かし、停電が起こった。少なくとも3軒の家が全焼した。(PHOTOGRAPH BY STUART PALLEY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 山火事の炎はペリー氏に、人が環境に与えている負担の大きさを思わせる。一方で、山火事が大きな被害を生んでいることも絶えず実感している。

「自分たちの家が焼け落ちたかどうかも分からず、何もできない状況の人々を目にすることがあります」とペリー氏は語った。「ああいう光景はつらいものです」(参考記事:「山火事が発生、動物はどうする?」

カリフォルニア州の消防機関カル・ファイア(Cal Fire)の隊員たちが、現場到着後に小休息をとる。2016年6月21日、隊員たちは「ボーダー・ファイア」の消火のため800キロ以上も車を走らせ、カリフォルニア州のカンポ付近に到着した。37℃を超す砂漠の熱波の中、消防士たちは防火帯を越えて火災現場に直行し、消火に尽力。夜も火勢の監視を続けた。(PHOTOGRAPH BY STUART PALLEY)
[画像をタップでギャラリー表示]
2014年7月26日、「エルポータル・ファイア(El Portal Fire)」がヨセミテ国立公園で燃える。夏の旅行シーズン最盛期だったが、火が同公園の南の出入り口付近を焼いたため、公園の一部が閉鎖され、観光客の立ち入りが禁止された。(PHOTOGRAPH BY STUART PALLEY)
[画像をタップでギャラリー表示]
2015年6月24日、サンバーナディーノ郡で「レーク・ファイア」が燃える。いったん弱まった火勢が再び強まり、数百~数千ヘクタールを焼いた。(PHOTOGRAPH BY STUART PALLEY)
[画像をタップでギャラリー表示]

次ページ:山火事に迫る 写真10点

Photo Stories 一覧へ