森の生活共同体、平等を重んじるのどかな楽園 写真17点

キャンプファイアの明かりに照らされる木々。毎年4月に、共同体が土地を手に入れた「ランドデー」を記念して、住人たちはキャンプファイアを囲む。農場は季節の移り変わりに伴い大きく姿を変える。木々が振り落とす葉は、忙しい夏の終わりを告げる。住人たちは1日の大半を、種子の発送や農作業に費やすが、バージニアの夏の熱い日射しを避けるため、ほとんどの作業は午前中または日暮れ時に行われる。(PHOTOGRAPH BY SARAH RICE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー