森の生活共同体、平等を重んじるのどかな楽園 写真17点

ブレイデンさん(左)とオースティンさんは、一緒に共同体を訪れ、夏の間だけの予定で滞在していたが、ここへやってきては去って行った他の多くの人々同様、彼らの予定も変わった。多くの一時滞在者が、共同体を去った後もつながりを維持し、時折ここへ戻ってくる。(PHOTOGRAPH BY SARAH RICE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー