生命の不思議、プランクトンの世界

深海魚として知られるテンガイハタの幼魚。稚仔魚や幼魚は表層で暮らし、成長とともに深場へと下りていく。体長は50ミリだが、ひれの先までの長さは200ミリもある。小笠原諸島で撮影。(Photograph by Ryo Minemizu)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー