美しくも切ない、沖縄の白化現象の記録

2016年12月、石垣島で1匹のトウアカクマノミがイソギンチャクに残されていた。例年なら夏に産卵を繰り返すクマノミも、この年の夏は産卵している姿をほとんど見かけなかった。水温が高すぎて、ストレスを受けたのだろうか。(Photograph by Kyu Furumi)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー