Photo Stories撮影ストーリー

みなしごゾウに優しく触れるレテティ・サンクチュアリの女性飼育員。(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE)

ゾウの孤児院、変わるケニアの戦士たち 写真19点

2017.06.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然界のエンジニア

 ゾウがいなくなると、影響は他の動物たちにまで及ぶ。生態系の「エンジニア」としての役割を持つゾウは、背の低い藪を食べ、低木を足で踏みつぶす。すると草の成長が促され、それをエサとするアフリカスイギュウや絶滅危惧種のグレビーシマウマ、エランド、オリックスなどの動物が群れをなしてやってくる。そして彼らが、今度はライオン、チーター、リカオン、ヒョウといった肉食動物の獲物になる。(参考記事:「【動画】チーターvsリカオン集団、獲物の行方は」

 ウシを飼うサンブル族にとっても、草が多いということは、それだけ飼料が増えるということだ。地元社会が、これまでずっと恐れてきたゾウの重要な役割に気づき始めたのは、こうした理由からである。「私たちがゾウを守り、ゾウも私たちに恵みを与えてくれるのです。今では、良い関係を築いています」と、レモジョングさんは言う。

 ナムニャク・トラストにすむ6000頭というゾウの個体数は、ケニア国内で2番目に多い。クロサイも、ケニアの他の地域から再導入されて回復に向かい、イボイノシシ、インパラ、レッサークーズー、アフリカスイギュウ、ヒョウ、チーター、そしてアミメキリンも、数を増やしつつある。(参考記事:動物大図鑑「クロサイ」

子ゾウのために調合した粉ミルクを抱えるサーシャ・ドロシー・ルーエクドゥクさん。(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、密猟はなくならず、ゾウと人間が衝突することもある。昨年、ケニア北部ではゾウに遭遇した村人の手によって71頭が、密猟によって6頭が殺された。(参考記事:「密猟象牙の闇ルートを追う アフリカ発 特別調査レポート」

避けるべき動物から、守るべき動物へ

 以前なら、地元の人々はゾウの命を救うということにそれほど関心を持たなかった。ケニアにはかつて、ゾウの保護施設がたった1カ所しかなく、救助したとしてもナイロビ近くにあるその施設まで、400キロもの道のりを運ばなければならなかった。そこで無事回復したゾウは、近くのツァボ国立公園で野生に戻されるため、北にすむ自分の群れと再会できる望みもなかった。(参考記事:「ケニア みなしごゾウを育てる」

 だが、レテティ・サンクチュアリが新しく開設されたことで、子ゾウは自分の生まれた土地に戻り、家族と再会できるようになった。

 レテティで働くスタッフのほとんどは地元出身者で、全員がサンブル族だ。レモジョングさんもそのひとり。「子どもの頃、最初に面倒を見たのがヤギの子でした。次に成長したヤギを、その次にウシの世話をするようになり、それから学校へ通い始めました。以前はこの土地で家族のウシを育てていたのが、今ではゾウの赤ちゃんを育てることができるようになり、とてもうれしいです。近所の人もゾウの名前を1頭1頭覚えていて、家に帰れば、みんなどうしているかと尋ねてきます」

もうすぐ2歳になるシャバは、レテティに保護された孤児たちの母親役を担い、野生で生きる術を教えている。(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 間近でゾウを見るためだけに、サンブル族の女性と子どもたちが1日かけて車を運転し、保護区へやってきたこともある。彼女らは見物台に立ち、ゾウが遊ぶのを眺めていた。飼育員とボール遊びをするのが大好きなポコトという名の子ゾウが、おどけたしぐさを見せ、笑いを誘っていた。

 レテティで起こっていることは、ニュースになるほどのことではないかもしれないが、これまで長いこと野生動物を恐れてきたサンブル族と動物たちとの関係が変わり始めていることを示している。安全な保護区の中で、ゾウの孤児たちは成長し、野生で生きる術を学び、いつの日か自分の群れに戻る。これは、ゾウだけでなく人間にとっても重要なことだ。

 サンブル族にとって、ゾウの回復を助けることは喜ばしいことではあるが、時に悲しい思いをすることもある。母親から引き離された子ゾウの多くがそうであるように、幼いキニヤもまた、大変な救出劇の後、しばらくして息を引き取った。

「キニヤの死は本当につらかったです。我々全員が、キニヤを救おうと懸命に努力しましたから」と、レモジョングさんは語った。

ナムニヤク野生生物保護トラストの尾根に立つサンブル族の戦士たち。周囲には、乾いた草原が広がる。「レテティで働く男たちは全員、かつて戦士だった者や、今現在も戦士である者ばかりです」と、レテティの創立メンバーのひとりであるケイティ・ロウ氏は言う。「全ての若い男たちは戦士となる、それが部族の通過儀礼なのです」(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ:ゾウを守るケニアの戦士たち 写真11点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ