世界水中写真コンテスト、多彩な受賞作13点

「ガラパゴス諸島を訪れたチャールズ・ダーウィンは、この生物の外見にぎょっとして、こう記しています。『海岸の黒い溶岩石にしょっちゅう姿を見せるのが、この大きく、不格好で嫌悪感を催すトカゲだ。穴だらけの岩同様の黒い体ではい回り、海中で獲物を探す。私は彼らを“闇の小悪魔”(imps of darkness)と呼んでいる。まさにこの地にふさわしい姿だ』。ウミイグアナはほとんどモンスターのようです。ガラパゴス諸島の固有種のため、今や絶滅が危惧されるこの生物と水中の瞬間を共有できるのは、めったにない恩恵です」—ダミアン・マウリク氏(PHOTOGRAPH BY DAMIEN MAURIC, UPY 2017)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー