世界水中写真コンテスト、多彩な受賞作13点

「この米陸軍航空軍のB-17G フライング・フォートレスは1944年、ヨーロッパ爆撃の際に対空砲火を受けた後、クロアチア、ビス島への進入中に不時着しました。このとき、アーネスト・ビエンノー副操縦士が戦死しています。生き残った搭乗員は救命ボートで逃れました。第2次大戦で使われた有名な爆撃機の見事な残骸は、驚くべき保存状態で水深72メートルの地点に眠っています。ここに潜ったのは1回だけで、深さのために潜水時間は非常に限られ、撮影には相棒であるアンディ・マロビック氏との良好な意思疎通が不可欠でした。何をしようとしているかを潜水前に詳しく説明したので、彼も私が目指す絵を思い浮かべることができました。この航空機の大きさを実感できる写真を撮りたかったので、自然光で撮影し、色のバランスを後処理で整えました」―スティーブ・ジョーンズ(Steve Jones)氏(PHOTOGRAPH BY STEVE JONES, UPY 2017)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー