世界水中写真コンテスト、多彩な受賞作13点

「インドネシア、ラジャ・アンパット諸島の北部、中部、南部を回るオンディナ号での航海に加われたのは幸運でした。ボートがほとんど行かない南部は好きな場所のひとつです。私たちは、独自の生物多様性がある海山『カラン・パラダイス』を目指して潜りました。どこまでもサンゴに覆われた海底を巨大な魚の群れが泳ぎ、外洋性の大きな魚が通り過ぎて行きます。ダイビングの終わりごろ、この広大なサンゴの海底が、種類の違う魚たちでいっぱいになりました。この動きを写真で見せたくなり、岩の上にカメラを置いて、じっと動かずに数分待っていると、ギンガメアジの大群が現れて私を完全に取り囲みました。奇跡の一瞬でした!」—エドワル・エレニョ氏(PHOTOGRAPH BY EDWAR HERREÑO, UPY 2017)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー