銀板写真で「核の記憶」を追う

1945年8月9日午前11時2分、長崎市上空に米軍のB29爆撃機が飛来し、原子爆弾が投下された。長崎原爆資料館に所蔵されている腕時計は、爆心地から数百メートルの住宅跡から掘り出されたものだ。デジタルカメラで分割撮影した画像をダゲレオタイプに一点ずつ焼き付けて構成。(Photograph by Takashi Arai)

【元の記事へ戻る】