銀板写真で「核の記憶」を追う

核がもたらした惨禍を伝える広島の原爆ドーム。地球上に拡散した放射性物質は、長いもので数億年の半減期をもつ。永遠にも等しいその時間を理解する力が、人類にあるのだろうか。(Photograph by Takashi Arai)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー