銀板写真で「核の記憶」を追う

福島県東部の飯舘村から避難した母子。2012年2月、福島市にて撮影。震災と原発事故の影響で、周辺地域から福島県の内外へ多くの住民が避難した。現在も約8万人が避難生活を強いられている。(Photograph by Takashi Arai)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー