喪失を越えた写真家をつき動かすものは何か

娘のルウルウが誕生した時、トレダノ氏は愛情がとめどなくあふれてくるものと期待していた。ところが初めて娘と対面した時、いくらなだめすかしても泣き止まないエイリアンのようだと思ったという。この写真は、「写真家から父親」へと変貌する自分自身を記録したプロジェクト「The Reluctant Father」の中の1枚。(PHOTOGRAPH BY PHILLIP TOLEDANO)

【元の記事へ戻る】