喪失を越えた写真家をつき動かすものは何か

2006年に自身の母親が急逝したのを受けて、写真集『Maybe』が生まれた。死を目前に控えたさまざまな「未来の自分」を撮影した。(PHOTOGRAPH BY PHILLIP TOLEDANO)

【元の記事へ戻る】