Photo Stories 撮影ストーリー

【ギャラリー】2018年 思わず笑ってしまう野生動物の写真17点(写真クリックでギャラリーページへ)

そこで止まれ! 静かにしていろとジェスチャーするリス。米フロリダ州で撮影。(PHOTOGRAPH BY MARY MCGOWAN, CWPA/BARCROFT IMAGES)

2018年 思わず笑ってしまう野生動物の写真17点

2018.09.19

 多くの野生動物は、その荘厳な美しさやどう猛な勇ましさで知られている。私たちがよく目にするのは、野生動物が自然の中で、生き残るために戦ったり、餌をあさったりする姿をとらえた写真だ。そうした行動ももちろん魅力的だが、野生動物が時折見せるお茶目な姿には、何にも代え難いおかしさがある。(参考記事:「2017年 ナショジオが掲載した驚異の動物写真 38点」

 これが、今年で4年目になる野生動物のおもしろ写真コンテスト「コメディー・ワイルドライフ・フォトグラフィー・アワード(The Comedy Wildlife Photography Awards)」を設立した理由だ。しかし、野生動物の写真家で愛好家のトム・スラム氏とポール・ジョインソン=ヒックス氏が設立したこのコンテストは、面白く楽しむことだけが目的ではない。野生動物保護団体「ボーン・フリー財団」と提携し、世界中の野生動物を保護することの重要性を訴えている。(参考記事:「「殺すより守る」が部族へ浸透、ケニアの野生動物保護 写真18点」

【ギャラリー】2018年 思わず笑ってしまう野生動物の写真17点(写真クリックでギャラリーページへ)
みんな、笑って手を振って。前脚をあげて親しげに挨拶しているように見えるホッキョクグマ。(PHOTOGRAPH BY SIMON GEE, CWPA/BARCROFT IMAGES)

 今年のコンテストには数千もの応募があり、スラム氏とジョインソン=ヒックス氏は、最終候補を41点までに絞り込んだ。「わずか3年でこのコンテストには、野生動物の笑える写真からお茶目でまぬけな写真まで素晴らしい作品が集まるようになりました」とスラム氏は話す。(参考記事:「ギャラリー:動物たちの寝顔にホッとする 写真24点」

 好奇心たっぷりの愛らしいフクロウから、不意を突かれたオットセイにオラつくペンギンまで、最終選考に残った写真は息抜きにちょうどいい。その中からナショジオがお気に入りの写真をピックアップしたので、紹介しよう。

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー:2018年 思わず笑ってしまう野生動物の写真、あと15点

文=AUSTA SOMVICHIAN-CLAUSEN/訳=牧野建志

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

美しい写真とともに読む、心に残る60話

定価:本体2,300円+税

Photo Stories 一覧へ