Photo Stories撮影ストーリー

左:髪飾りから靴まで、ピンク一色に着飾った4歳のジユ。韓国ソウルの自分の部屋で、ピンクの持ち物に囲まれてポーズを取る(2007年撮影)。 右:同じくソウルに暮らす6歳のドンフはブルーのおもちゃや服、本などの真ん中で“ピース”(2008年撮影)。(Photographs by JeongMee Yoon)

「男子はブルー、女子はピンク」の理由はなぜ?

2016.12.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼い娘がピンクのものばかり欲しがるのを見て、写真家は思いついた。子どもたちを魅了する二つの色、ピンクとブルーをテーマに撮影してみよう。

 韓国の写真家ユン・ジョンミの娘は、5歳の頃、ピンクの服しか着たがらなかった。そして、幼い女の子たちの多くが、同じような色の好みをもっていることに、ユンは気づく。そのことに興味をそそられ、彼女はある撮影プロジェクトを始めた。名づけて、「ピンクとブルーのプロジェクト」。女の子と男の子、それぞれと結びつけられることが多い二つの色をテーマにしたもので、10年以上たった現在も進行中だ。

広告やポップカルチャーの影響も

「見てもらいたいのは、意識していようがいまいが、子どもたちとその親たちは広告やポップカルチャーから大きな影響を受けているという点です」とユンは言う。「ブルーは強さと男らしさ、ピンクは愛らしさと女らしさのシンボルになっています」(参考記事:「男女間の視線の違い、その理由に迫る」

 衣服の歴史を研究する米メリーランド大学教授のジョー・パオレッティによると、色と性別が結びついたのは、それほど古いことではないという。19世紀の欧米諸国では、淡い色彩のパステルカラーが人気で、「服の色が性別を示すことはなく、肌をきれいに見せてくれる色が選ばれていました」とパオレッティは言う。性別によって身に着けるものの色合いに違いが出始めたのは20世紀前半で、1940年頃までには、ピンクとブルーがそれぞれ、女性と男性に結びついた色として認識されるようになったようだ。(参考記事:「男性と女性、物の見え方に違い」

「女の子はピンク、男の子はブルー」という傾向に、大きな影響を与えてきたのは米国だとパオレッティは話す。バービー人形やヒーロー映画、子ども向けの商品などによって助長されてきたという。

 2005年に「ピンクとブルーのプロジェクト」を始めてから、ユンは子どもたちの色の好みが年齢とともに変わることに気づいた。一般的には、小学校の中学年の頃だという。たとえば、撮影に協力してくれた子どもたちの一人、米国ニューヨーク州ヘムステッドに住むマイアは、8歳のときにはピンクを卒業し、パープルなど、ほかの色に魅力を感じるようになっていた。

ソウルの北西に隣接する高陽市にある自宅で、ピンクの持ち物に埋もれるようにして座る4歳のジウォン(2008年撮影)。(Photograph by JeongMee Yoon)
[画像のクリックで拡大表示]
スーパーマンのマントをまとった5歳のイーサンは、ブルーに埋まった米国ニューヨーク市クイーンズ区にある自分の部屋でポーズを取った(2006年撮影)。(Photograph by JeongMee Yoon)
[画像のクリックで拡大表示]

ナショナル ジオグラフィック日本版2017年1月号

 1冊まるごと、「ジェンダー」をテーマに大特集。性別をめぐる考え方が多様化する今、知っておきたい最新事情や世界各地の実情をレポートしています。

文=CATHERINE ZUCKERMAN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ