最高峰のネイチャー写真賞、受賞作10点

モノクロ部門 受賞

スズメフクロウは秋につがいとなり、春まで一緒に暮らす。スウェーデン南部のロスフルトで、そんなフクロウ夫婦の観察を楽しんでいたマッツ・アンデション氏はある日、つがいの1羽が森の地面で死んでいるのを見つけた。「残された1羽が樹上にたたずむ姿は、私自身の悲しみも映しています」。(Photograph by Mats Andersson)

【元の記事へ戻る】