胸に刺さる、「助けの必要性」を訴える写真12点

ケニア、アンボセリ:2011年、密猟者に殺された雄ゾウの牙を切り取る野生生物管理局の覆面レンジャーたち。ゾウは脊髄の近くを槍で深くひと突きされ、大量の内出血を起こして死んだ。参考記事:「象牙と信仰」(PHOTOGRAPH BY BRENT STIRTON, GETTY IMAGES REPORTAGE FOR NATIONAL GEOGRAPHIC)

【元の記事へ戻る】