世界の老樹、圧倒的な存在感

カポック、学名Ceiba pentandra、米フロリダ州

「普通、これほど大きなカポックは熱帯雨林にあるものですが、この木はフロリダの私有地で見つけました」とムーン氏。「1940年代に出た本で初めてこの木の写真を見て、キャプションにはパームビーチにて撮影とありました。その写真と今の様子を比べると、60年で幹が大変太くなったのが分かります。根は地上約3.6メートルもの高さになっています」(左下のベンチと比べると、その大きさを実感できる。)(Photograph by Beth Moon)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー